Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【ALA(アラ)】暖房、クーラーなどによる乾燥、紫外線などでダメージを受けた肌に、水分とエネルギーを生み出す成分ALA(アラ)

Sponsored Links

ALA(アラ)は、人間だけではなくほとんどの全ての植物や動物に中にあるアミノ酸の一つ。 体内ではミトコンドリアの中にあって、皮膚の細胞内のエネルギーの代謝を促してくれる機能がある成分なのだそうです。 何と言っても ALA(アラ) 成分の特徴は、分子が非常に小さいこと。

そのためALA(アラ) の成分は含まれたクリームなどを塗る ことにより、皮脂膜や角層を通り、基底層、 真皮まで浸透して、その中にあるミトコンドリアにも、 影響を与えられると考えられているそうです。f:id:sumomox:20161017222550g:plain



塗ることによって、外から入ったALA(アラ) も細胞内のエネルギー代謝を促進させ、 さらにすごいことに同時に水分を放出するのだそうです。 自分の体内で自ら保湿してくれるわけですからすごい成分 f:id:sumomox:20160213094425g:plain とも言えますね。


そしてALA(アラ)は、 機能が正常に行われていない 細胞の 部分に集まり、 本来持つ機能を取り戻そうと働きかける そういう期待も持っているそうです。 これからどんどん注目されていく成分とも言えます。


ALA(アラ)は、 皮膚の表面にぬると基底層、 真皮まで到達し、 細胞の細胞質の中にあるミトコンドリアでエネルギー代謝に変わる可能性も秘めているそうです。


そこで作り出される水分、 この水分はコラーゲンやヒアルロン酸などが ある神秘にも影響を及ぼし、 自ら乾燥を防ぎ、ハリなどを作り出すと考えられているそうです。そして、ALA(アラ)は 鉄分などと必ず一緒に摂ることが良いそうです。

f:id:sumomox:20161116203653j:plain

ALA(アラ)は、 体内で鉄と結びつくことによってヘム鉄となり、 シトクロムや、ヘモグロビンに変化します。シトクロムは エネルギーをミトコンドリアで作り出す際の助けになります。


また、ヘモグロビンは酸素を身体全体に運んでくれる働きがあります。 そのため、ALA(アラ)の成分が入ったクリームやサプリメントを選ぶ際には、鉄(fe)が含まれていることがどうか確認することがポイント f:id:sumomox:20151115121636g:plain となるそうです。

 

 

 

私たのちの体、体内に存在するALA(アラ) の成分量は、17歳をピークに、次第に減少していくことが分かっているそうです。そのため、お肌の状態を若々しくいつまでも保ちたいと思うのであれば、ALA(アラ)の もつ機能を活用することで数年後の自分の肌に大きく差がつくかもしれません。

 

f:id:sumomox:20151115112318g:plain