読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

「お豆腐大好き人間」 朝食に豆腐一丁ダイエットなら続けられるお昼に間食しても太らない!?

Sponsored Links

朝食を豆腐にすると痩せられる? 高タンパクな豆腐を朝食で食べると、お昼を食べても痩せられるのだそう。


本当 f:id:sumomox:20161004204940g:plain


朝にタンパク質をとると、ご飯やパンなどの炭水化物を摂取するより代謝がぐんとアップします。 しかしタンパク質 と言ったら お肉や卵。特に お肉 は強くイメージされます。


朝からお肉はちょっと無理 f:id:sumomox:20161008142448g:plain


それでお肉よりヘルシーな豆腐がベスト。


なるほど!! f:id:sumomox:20151115112318g:plain


豆腐には血糖値の上昇を抑える効果が期待できるそうです。


そしてその効果が4時間から5時間も続きます。 太ってしまう原因となる血糖値の乱降下。


この乱高下中食事まで防ぐことができるので、 朝食に豆腐を食べれば 、


ランチ に大好きなご飯やパスタなどを食べても、太らないということになるのだそうです。

また豆腐のタンパク質は食べすぎを防止してくれる効果も期待できるそうです


それなら朝どれくらい食べると効果的になるのでしょうか。


1日のたんぱく質の摂取量は、理想としては体重1kg あたり1から1.5グラムほど だそうです。


特に女性はたんぱく質が不足がちになってしまうため、豆腐一丁を朝食で とること。


朝に20g 以上取ることがおすすめなのだそうです。


そうすることで1日のたんぱく質の摂取量をクリアすることができ、健康的に痩せられます。

元々豆腐とか大豆は健康に良いと言われています。


それなのに特に朝を選んでタンパク質をることで、 代謝が上がるのだそうです。


タンパク質は食事によって消費するエネルギーの量( DIT ) が脂質やタンパク質に比べて、


かなり高く、朝に食べることによってその日の代謝が大きく上がります。


そして大豆のセカンドミール効果で血糖値の上昇を 抑制してくれます。


セカンドミール効果?。f:id:sumomox:20151117212227g:plain


セカンドミール効果とは、朝食 で言うとファーストミール。


そしてこのファーストメールの 効果が、 昼食の セカンドミールまで続くことを言いうそうです。


朝に豆腐などの大豆製品を食べると、血糖値の上昇を抑える効果が4時間から5時間続くとされ、



昼時に炭水化物を食べても太りにくいという結果になるそうです。


そしてタンパク質を取ることのメリットとして満足感が持続するのだそうです。


なんと人間が脳はタンパク質への欲求が強いそうです。


これによりどんなにご飯やパンなどの たん水化物を食べても、十分なタンパク質の量を取るまで食事が止まらないそうです。


朝にタンパク質をしっかり取っておくと満腹感が持続し空腹感が抑えられるので一日の摂取量が自然と減らせるようになります。