読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

1か月でマイナス3キロ体重落とせた簡単ストレッチ、腰落としてキープ!!、腰落としてキープ!! 骨盤, 歪み, くびれ, スクワット

Sponsored Links

骨盤の歪みと姿勢の悪さ・・・もともと私は背が高いのでどうしても猫背ぎみ。この姿勢の悪さが原因でおこる可能性のある骨盤の歪み。


もし身体のゆがみを治すことが出来たら、短期間で下半身痩せが可能となります。どうしても下半身には脂肪がつきやすい・・・、垂れたお尻、出っ張ったお尻・・・。これらの原因のひとつは骨盤の歪み。


身体の上半身と下半身をつなぐ土台ともなる重要な骨格  f:id:sumomox:20161114192442g:plain 。垂れたお尻、出っ張った原因は骨盤の前傾だったのです。私の場合、垂れたお尻、出っ張ったお尻、それに伴う下半身太りは長いこと遺伝だと思っていました。父方の親戚の女性は皆下半身太りが多い。私もその一人。


しかし、下半身太りになってしまう原因を理解し、そして下半身中心のエクササイズをすることによって下半身太りが解消できました。その原因ですが、例えば、骨盤が前傾してしまっている場合、腰が反る状態になる。


結果お尻が突き出て、出っ尻の状態になってしまいます。さらにその状態になると、お尻の筋肉を刺激する力が弱まるため、お尻の筋肉を引き締める力も低下し、垂れたお尻になってしまいます。


反対に骨盤が後傾してしまっていると、前に背骨が傾いてしまっているため、今度は下腹部の筋肉が使われにくくなってしまい、その結果として、下腹部に脂肪がつきやすくなってしまいます。


このようなことから、下腹ポッコリ f:id:sumomox:20160113204819g:plain 、そして垂れたお尻を解消させるには、骨盤のゆがみを根本的に治すことがポイントになります。骨盤や周りのお肉を引き締めるための筋トレ、そして骨盤の歪み矯正、この2つを同時にできるのが、スクワット。


しかしスクワットと言ってもイメージしているようなものでありません。本来のスクワットより何百倍も軽い動作でできる腰を落とすだけの運動です。呼吸をしっかり意識しながら、1日3回~5回。


とても簡単なストレッチで続けることにより体のラインがすっきりしてきます。骨盤の歪みが矯正されると、今まで使われていなかった筋肉が使われるようになるので、それにより引き締め効果、脂肪燃焼効果が期待できます。


伴い、新陳代謝にパワーも格段に上がっていきます。この、腰を落としてのストレッチ。腰を落として f:id:sumomox:20151206082004g:plain 秒間キープするストレッチですが、より効果を期待させるには、リラックス状態を作ること。


特に入浴後は心身ともにリラックスして、身体も暖かい状態。入浴後は骨盤を固定している筋肉が緩んでいるので、ストレッチをするのにとても動かしやすくなります。入浴ではなくとも、身体を温めてストレッチを始めるのが大切。


代謝が低下していると、血液の循環が悪くいて、血が滞り硬くなってしまっている場合があります。せっかくストレッチを始めても、マイナスに働いてしまうこともあるので、軽く運動 f:id:sumomox:20151103100837g:plain (←軽くない・・・)するなりお腹をまず温めることをおすすめします。

⇒【実践編】1か月でマイナス3キロ体重落とせた簡単ストレッチ、腰落としてキープ!!、腰落としてキープ!! 骨盤, 歪み, くびれ, スクワット