Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

今の時代、もしものために収入源は二つは確保しておいたほうがいい。「忙しい、忙しい」ではなく、時間をつくる、作り出す努力も必要。タイムマネジメント(時間管理)

Sponsored Links

会社勤めの人が副業を持つという考え方はそれほど珍しくなくなくなってきたように思える。まあ、副収入・資産運用と考えれば、株式投資やFXなどは会社員の人でもしている人は多い。しかし、ここ最近は別の意味で、もっと違う範囲で副業と言う。時代が変わるにつれ、世の中の情勢もその時々で変わる。今は終身雇用という考え方も見方が変わってきている。一度会社に勤めてしまえば、定年まで安心して働ける。


という考え方も薄れ、年収は上がらないし、将来が不安なことばかりです f:id:sumomox:20160808235542g:plain。では、このまま「自分は大丈夫なのか?」といった不安を持ちながら、毎日を過ごしていく。これではまったく楽しくありません。いつの時代でもその時々に合ったリスク管理を徹底して対策をしておくことが大切になります。そこで考えられることのひとつに、今の収入源の他にもうひとつの収入源を確保していく。例え片方がダメになってしまったとしても、


もう片方での収入があるから、安心していられる。もし収入源が一本で、その「もし」が現実化したら絶望感に襲われる。もうひとつの収入源を持つことはしたいけど、毎日忙しいし、現実的にそんな時間はとれない。と言う方もいるかもしれません。しかし、今の時代情勢収集に関しては恵まれた時代です。インターネットは普及し、書店にも副収入を得る書籍は数多く出ています。あまりお金をかけたくないとなれば、図書館を利用するのがお勧めです。


図書館、侮ることなかれ。です。毎月最新の本がどんどん入ってきますし。読みたい本がなければ、専用の用紙があるので、「この本を読みたいんですけど」f:id:sumomox:20151209002352g:plain と提出する。注意書で「希望に添えない場合もあります」とは記載されていますが、私は今のところ全て読むことができています。最近では副収入を得る方法が数えきれない程出ています。資金ゼロで始められるものもたくさんさりますし、忙しく時間がない人であれば、スキマ時間等にスマホを使って、ちょちょっと稼いでいる人もいます。


生活環境は人によりさまざまです。一昔前、「週末起業」という言葉もでてきましたが、会社員で毎日副収入の時間は忙しくて作れないって人は休日だけでもいいでしょうし。また、平日夜間も土日も忙しくて f:id:sumomox:20160202223718g:plain そんな時間とれないって人はスキマ時間にスマホなどを使って稼ぐ方法を探してみる。しかし、「時間がない時間がない」ばかりではいつまでたっても時間なんてできません。一度、タイムマネジメント(時間管理術)を学ぶのもひとつだと思います。時間は作るものです。