Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

ソリューション能力を鍛えるのは常に前進したい人にとっては普通なこと。少し意外に感じたけど、おもちゃメーカー「レゴ」の思考・ビジネス力開発プログラムが注目されている。

Sponsored Links

私たちは人生において、


大半を仕事に費やしています。


働くこと。f:id:sumomox:20160202223718g:plain


このことは変えることのできない現実


一企業人として職場で働いていると、


人間関係、ビジネス能力、


様々な問題や課題が降りかかってきて、


解決をしていかなければなりません。


なにかと不安定な時代です。f:id:sumomox:20160714012102g:plain


会社に行けば、


毎月お給料が定年まで安心してもらえる時代でもなくなりました。


企業内で生き残っていくため、


また、


前進していくため、


受け身ではなく、


自主的に自分を鍛える必要があると感じます。


人は考えることができる素晴らしい能力を持っています。


この能力、そのままにしていたら、


とてももったいないことなのです。


最近、レゴのビジネススタイルが注目されているのを知りました。


そう「レゴ」といえば多くの子供たちを夢中にさせる、


あのブロックのおもちゃ。


子供だけでありません、


大人もハマる人も多く、


つくられた作品はもはやおもちゃではなく、


芸術品の類に入るくらいです。


その玩具トップメーカーが提供するプログラム、


「レゴ(R) シリアスプレイ(R)」


思考を抽象的に可視化し、


問題解決能力などを鍛える。


もちろん「レゴ」を使って。


このプログラムが、大手企業や、


様々な分野の教育機関のワー クショップにて、活用されている。


どこの企業でも課題とされる、


チーム力と問題解決力。


思考は鍛えることで、


伸びます、強くなるのです。


戦略を形にする思考術:
レゴ(R)シリアスプレイ(R)で組織はよみがえる