読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

冷え性対策、 ぐっすり眠ってぽかぽか寝る、寝る前ぽかぽかスイッチオン、仙骨

Sponsored Links

健康にせよ、ダイエットにせよ、体の冷えは重大な問題f:id:sumomox:20160808235705g:plain。 体の冷えがなくなれば質の良い眠りになることができます。

お布団に入ってから1時間2時間眠ることができない夜中に何度でも目が覚めてしまうそういう人多いと思います。


寝ることによって痩せ効果のある成長ホルモンを分泌させるためにはこういったマイナスポイントが改善しなければいけません。


脂肪の燃焼を促進する成長ホルモンの分泌は睡眠に入ってから3時間が ポイント。 この時間帯で質の良い睡眠時間が取れていないと痩せる成長ホルモンは十分に分泌されないそうです。


私たちの体は寝る前に体温がくっと下がるのだそうですこの体温の拡散によって眠気というものが引き起こしされるそうです。


この格差が大きければ大きいほど深くて質の良い睡眠に入れるのはそうです。 しかし最初から体が冷えているとこの落差を作ることができなくなってしまいます。

f:id:sumomox:20161031202839g:plain

それを改善させるためにはお尻に熱々のシャワーを充てることも一つだそうです。 これにより神経や血管が多く通っている仙骨を集中的に暖めてあげることで体中が暖かくなるそうです


基礎体温が上がることで眠気が出てきてぐっすりと眠れるようになるそうです。 仙骨はお尻の割れ目の上部分にある三角形の骨が整骨。


神経がとても多く通っていてここを集中的に温めることによって血行が良くなるそうです。シャワーの温度を温かいと感じる程度に設定して仙骨部分に15秒ほどあてます



距離は強さや自分にとって心地よい程度で良いそうです手持ちでも壁掛けでも好きなやり方で良いそうです。


その後少しだけ温度を高くし少し暑いぐらいのお湯の温度を感じるまで上げ仙骨に15秒ほどあてますお湯の熱さに事前に体を流すことが大切です。



次はまた少し暑くして今度は暑いと感じるぐらいまでお湯の温度を上げて仙骨に30秒ほど会っているその暑さに慣れたところに仙骨部分がほんのり赤くなっていれば温度がちょうどいい証拠となるそうです。


シャワーは入浴の最後に行うのがポイント。 仙骨シャワーは大切なのは仙骨で集中して温めることです。


行なった後に湯船に浸かっ全身を温めてしまうとせっかく当てた仙骨の熱が分散してしまい効果が軽減してしまうので注意が必要です