Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

自覚していないけど実はあなたも隠れ冷え太りかもしれない

Sponsored Links

夏でも冬でも部屋の中は常に裸足裸足で過ごす靴下履くのがとても気持ち悪い。 そのため私は冷え性ではないとは思っていた。

しかしそれは間違い だった。 思いきり冷え性でした。 体温を測ると36度以下また朝起きたとき布団の中で脇の下よりもお腹の方が冷たい。


これらは誰にでも心当たりがありそうなものですがこれだけとは限らないですが実は冷え性の典型的な理由のひとつになってしまうのだとか。


この他にもお通じが毎日ないまた出ても固くてコロコロな便が多い朝は食べないかジュースやコーヒーで済ましてしまう


夏はクーラーが北オフィスで働きそしてディスクを開くのだめとても運動不足ぎみ。 などなど。


一昔と違い現在の生活には体を冷やしてしまう要因がたくさんあるそうです。 夏場は家でも会社でもそして電車でも車でもクーラーがガンガン効いてる状態の中で過ごし、


冬は冬でも冷蔵庫に入っている冷たい食べ物を食べてしまいます。 そのような生活をしていたら体が冷えて当然です。



しかもここ数年で自分が冷えていることすら気づいていない冷えに対してとても鈍感な人が増えてきているそうです。


新陳代謝を冷えは低下させてしまいます。 そしてむくみや便秘を招いてしまいます。 もちろんダイエットにも良い影響を与えません。


まずはしっかりと自分が自覚することが大切です。 体が冷えているだけで代謝は50%も落ちてしまうそうです。


驚くほど大きい数字ですよね。 体が冷えるとダイエットや健康に対してもあまり良くない影響があるそうであるそうです。


温度が低いと血液は 粘度 が高くなってしまう性質があるそうです。 ということは体が冷えることにより血液がドロドロになってしまうということにつながります。


このことにより血流が悪くなってしまいます。 血液には大切な役割を持っています。 酵素や栄養素、老廃物などを運んでくれます。


そのため血液の流れが悪くなるということはそれらの運搬がスムーズにいかなくなり、 会社には欠かすことができない酵素が作り出されないことにもつながってしまいます。


さらにそこで老廃物がたまるとセルライトの原因にもなってしまうのです。さらに体温がたった一度下がるだけでそれだけで体内のに存在する酵素の働きが悪くなってしまうそうです。


このことにより基礎代謝が50%もダウンするということも言われています。 基礎代謝が落ちるということはもちろんエネルギーが消費 されません。


消費されないということは余ったエネルギーが体内に残りその分解脂肪として蓄積されます。 結果太りやすくなってしまいます。


そうなるのは避けたいものですよね。 避けるためにも日頃から体を温める意識付けを強く持つことが大切になってきます。


日常生活だけでも十分に気を付けることができるものがたくさんあります。酵素が体の中で最も活動できるのは体の内部の温度で37から38度だそうです、


ということは普段体の表面で体温を測った時は36.5から37度になるように目指 すのが良いそうです。