読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

肌ケアの怠りで肌のくすみ、毛穴、ボツボツニキビ・・・。 日頃の角質ケアで顔ニキビを予防する、肌を改善させることに努力を注ぐ

Sponsored Links

長年肌の手入れを怠ってきたせいで、肌のくすみ、毛穴、ボツボツニキビで悩みまくりです。これをどう改善していくか。肌はやっぱりターンオーバーが大切。 しかしケアを怠ってきたせいで角質は暑くなりターンオーバーも順調でない状態です。

そのためまず角質を 取り去り て肌を改善することからはじめました。 ぼつぼつできるニキビも気になります。 ニキビのお手入れといえば過剰な皮脂とケアと思っている人が多いそうですが、


は10代のニキビなら皮脂のケアは確かに必要。 しかし大人になってからのニキビは乾燥肌でもできてしまうので、皮脂に関しては、さほど考えることではないそうです。重要なことは毛穴を防ぐ角化を止めることなのだそう。


そのためにはピーリングの化粧品などで停滞しまっている角質を取り除くことが必要です。もし敏感肌がデリケートな肌であれば酵素が入っている洗顔料も角質の除去に効果があるそうです。


そして、水分たっぷり潤いのある肌に常にしておくことは角化の予防にもなるので、脂分の少なめな保湿ジェルで潤いを補うことも大切なのだとか。


大人ニキビにはクリームクレンジングがよいそうです。オイルクレンジングになってしまうと、ニキビが悪化しそうですがクリームオイルなら刺激が少なく優しく落とすことができます。


それに脂分が多いオイルタイプのクレンジングは、お肌のダメージや刺激がとても多いものだそうで、汚れを落とすこと、そしてお肌へのやさしさを考えるなら、クレンジングはクリームのほうがおすすめだそうです。


そしてダブル洗顔もとても大事で、ファンデーションを落としきれないと、 毛穴が詰まりが改善できないのだそう。そういう時はクレンジングと酵素洗顔でオフがおすすめなのだそうです。


油分の多いリキッドタイプのファンデーションや強い日焼け止めはダブル洗顔が必要。正しい軽いメイクなら一本で済むタイプでも肌に合えば 問題はないのだそう。


そして洗顔は冷たい水で洗ってはNG。洗顔は人肌温度のぬるま湯程度が一番いいそうです。皮脂を取りすぎないで、汚れはきちんと落ちるようにするには、人肌の温度が一番だのそうです。


お湯の温度が高すぎてしまうと皮脂を取りすぎてさらに乾燥させてしまうのでよくないそうです。 べたつくので化粧水だけと言いたいところですが、 保湿ジェルなどで上からきちんと潤してあげることが大切だとか。


そして週に1回はピーリングで、角質がたまってしまった分を取り除いてあげて、ニキビやくすみの原因を取り除いてあげることも大切。角質が厚くなってしまう角化を防ぐためには、 AHA や乳酸などの剥離成分が含まれたピーリング剤がよいのだそう。