Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

英語の名言・ことわざ:「いつも未来の可能性を信じている」ネガティブ思考でいたら何の達成も、実績も残せないことに早く気づかないといけない。

Sponsored Links

Sometimes I wish I could drive a car, but I'm gonna drive a car one day, so I don't worry about that.
Stevie Wonder, Musician

 

f:id:sumomox:20151120202346g:plain

 

『「 車を運転出来たらいいな」と時々思う。でも、いつか運転できるようになれると思うから、今は心配していないんだ』。視覚障害を持っているスティーヴィー・ワンダー氏、なんて前向きなんでしょう。


私は昔、視覚障害を持っているとは知らずに、ただスティーヴィー・ワンダー氏の声に魅かれてCDを買い、知ったのはその後でした。それにしても超前向きな考え(思考)ですね、見習うどころか大尊敬です。いつも未来の可能性を信じている。


現代の日々の忙しさでゆっくり考える時間もないわたしたち f:id:sumomox:20160714012102g:plain 。止まってきちんと考えないと毎日毎日同じ生活の繰り返しで、気づかずうちに時だけが過ぎてしまいます、年齢だけが重なってしまいます。


その時、自分は何か達成できたことがあるか。と自問したらおそらく何もないはずです。それってとても虚しさを覚えます。夢や目標はあるのに忙しいさでいつも先延ばし、先送り。


しかし、ただこの「忙しい」は「言い訳」に過ぎないというほうが当たっています。「忙しい」という理由をつけて本来すべきこと(したいこと)を先延ばしする。これか繰り返され慢性化すると、脳の中でこの「忙しい」は「正当化」されてしまう。


気づかずうちに・・・   f:id:sumomox:20151115112318g:plain



これは一種の「怠け心」  f:id:sumomox:20160120211956g:plain に過ぎない。成功者だって忙しい日々を送っている。その忙しい中で時間をつくり、自分の目標を達成していく。あるアンケートによると、高年収の人と平均年収の人それぞれに、「普段何かしらの勉強をしているか」と聞いたところ、


高年収者   f:id:sumomox:20160918193036g:plain のほとんどが常に何かしら仕事とは平行して勉強をしている結果がでたということを聞いたことがあります。やっぱり成功できる人は怠けてない。これを知ったとき、自分にとっての転機だと思いました。実際、仕事とは別に「自分への投資」として1日数時間空けるようにしています。そこで、英語の勉強や資格習得の勉強にあてたりしていますが、今思うと、


時間つくれるじゃん・・・  f:id:sumomox:20160105215605g:plain


なのです。そう、時間は「ない」ではなく、「つくるもの」なのです。せっかく夢や目標があるのに、何もしないのはとてももったいない。時間を自分への投資として設定することにより自然と「怠け心」も去っていきます。そして違う自分にも出会えたりして良いことづくめです。