Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

金融のプロのアドバイスも大事、良質な投資信託の使い方を自分自身学ぶこともさらに大事。

Sponsored Links

先の見えない不安な時代。将来が心配です。

自分の資産を守ってことは大切です。 当たり前の時代に来ているのかもしれません。

資産をまもると言っても そそも資産が無ければ 意味がありません、そこで資産をふやすことを考えるわけですが 、資産を増やす方法として考えられるもののひとつは投資。

その投資の中でもアドバイザリーがついていて比較的安心できる投資と言えるイメージがあるのが信託投資。

ただし、投資信託。少し注意せねばならない部分があります。

それは、何が正しい商品で何が間違っている商品かを見極めるちから。

今の時代、世の中にはたくさんの情報が飛び交っています。

金融機関などで配布されるチラシやパンフレットはとてもキレイで、

さらに、営業担当者やアドバイザリーもとても親切で、話の内容もとても魅力的、すぐ飛びつくような感覚になることも少なくありません。

ただ、これらは間違っているわけではなく、世界中のどの業界も、どの商品も、自分に課された商品は売らなければ話になりません。

売る方も努力してます、聞く話が魅力的なのは、ある意味当然のことなのです。

投資信託においても同じことです。相手はプロです、だからたくさんの情報を知っていますし、様々な商品を提供してきます。

何事においても、成人でしたら自己責任の領域です。

だから、自分自身でも、何が正しい商品で、何が間違っている商品かを見極める力を養って行くことがとても大切なことなのです。