読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

自分で気がつかなかった噛み締めのクセ、看護師さんに言われて初めて気が付く、、、。ストレスが溜まっているのかも

Sponsored Links

アンチエイジング外来に定期的に通っていますが、そこの看護師さんと仲良くなりました。そうすると私の咬みしめのクセを教えてくれました。

寝る時に歯ぎしりをしているのは家族から聞いているので知っていました。しかし何もしていないときに噛み締めの癖があったとは、とても驚きました。私の場合絶対、


ストレスですf:id:sumomox:20161015162743g:plain


しかしこの噛み締めの癖。治さないと大変なことになります。強い噛み締め癖があると、顔が歪み、歯も壊れてしまうそうなのです。


歯は唇を閉じて前を向いている時、上下の歯の間に3ミリの隙間があるのが、良い状態だそうです。しかしストレスなどで、無意識に噛み締めている人が私同様、かなり多いそうです


この噛み締めにより、歯が欠けたり顔が歪んでしまうそうです。うわあごの中央後ろの部分を触って、骨がボコッと出ていれば噛み締めている証拠だそうです。


顎の筋肉を緩めてあげることが必要だそうです。頬の少し後ろの耳したあたりを人差し指で円を書くように、10秒ほどほぐしてあげる。歯が当たっていると気付いた時におこなうと、だんだんかみしめのクサはなくなっていくそうです。


また日本は、他の国に比べるとやたら虫歯を削るのだそうです。面白いことに先日、会社の同僚が歯医者に行ったら歯医者の先生に「じゃあ、今日抜くか」 と言われたそうです。なんの心の準備はなく


今日抜く、、、 f:id:sumomox:20160809000023g:plain


やっぱり噂は本当、、、f:id:sumomox:20160102132621g:plain


そんな先生もいるのです。日本以外の国では歯はできるだけ削らないというのが常識なのだそうです。


初期の虫歯は進行を見極めていくことが大切なのだそうですが、ちょっと日本の常識だと考えられないです。虫歯があったらすぐ削ってもらえるという認識、私もあります。




また定期的に歯石を取りに歯医者に通っていますが、頻繁な歯石とりは逆効果になってしまうこともあるそうです。


歯周ポケットの中の歯石は炎症の原因なので、取った方がいいそうです。しかし歯のの縁につく炎症を起こさない歯石もあり、これは特に問題はないそうです。

一番良いのは歯医者に行ったときに、歯周ポケットの中に炎症を起こすものがあるかないかを調べてもらう、あれば処置をしてもらうという形をとったほうが良いそうです

f:id:sumomox:20170116213057g:plain