Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

日焼け止めクリームを塗らずに、自分の力で焼けない、焼かせない白い肌をキープする努力

Sponsored Links

女性であれば化粧直しは必須。しかし化粧をしても時間が経てば崩れるし、何度もを塗り直しが必要になってきます。塗らずに済むのであればその方が肌にとってもダメージが少なく快適。

f:id:sumomox:20161117193637g:plain

ビタミンA、C、E、ポリフェノールなどが入った抗酸化作用の強い食材を積極的に摂取することで、日焼け止め防止につながるそうです。またしっかりと保湿を徹底にし、常に潤った肌をキープしてあげること、着る服は黒い服を着るようにし、日傘で肌を紫外線にさらさないことが大切。


うっかり紫外線を浴びすぎてしまったら、水で冷やしてすぐに消炎対策をしてあげることを忘れてはなりません。体内から抗酸化の力や代謝をアップさせる、


そして外から保湿を徹底的にするといった努力を続けることで、肌の力が上がってきます。日焼け止め製品に全面に頼らなくても、美肌・美白の肌を目指すことができます。一番は、抗酸化のある食材を毎日欠かさないこと。


毎日ですf:id:sumomox:20160808235755g:plain


抗酸化作用の高い食材は、活性酸素を抑えてくれて、紫外線をブロックしてくれます。朝はほうれん草やケールを青汁にしたりすることもひとつ。またカレーのスパイスにも抗酸化力い成分が多く含まれています。


また柑橘系は光ダメージがあるので、夜に摂ることがおすすめです。バレンシアオレンジは白い皮が化糖を予防してくれます。


f:id:sumomox:20151121203439g:plain


また腸内環境を正常にすることもとても大切なことで、栄養が行き渡ることにより、肌がイキイキし始めるそうです。


抗酸化成分をしっかり吸収させるためには、腸内環境を万全にすることが必須。例えば昼食は量を控えめにして腸を休めてあげて、善玉菌を増やす。味噌や納豆などを積極的にとることも良いそうです。




ヨーグルトを食べる場合は、人肌程度に温めると腸内で乳酸菌が活性化します。そしてケイ素入りのミネラルウォーターは老廃物の排出効果がとても高いそうです。


また普段から血糖値を上げないような食べ方をすることも大切。肌をこげさせてしまう糖化現象は、血糖値コントロールが要になります。食事の際には、最初に野菜を食べて、血糖値の上昇を緩やかにするように心がける。



血糖値が急に上がるとコラーゲンが変性してしまい、日焼けに対して弱くなってしまうそうです。またナッツ類を食事の30分前や小腹がすいたときにつまむのも体の酸化防止のためには良い習慣なのだそうです

f:id:sumomox:20151124230813g:plain