Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

紫外線対策日焼け止めクリームに頼り切らず自分自身で徹底的に紫外線をブロックして美肌・美白に肌を持っていく

Sponsored Links

紫外線対策として日焼け止めクリームなど皮膚を守るものは市場にたくさん存在していますが、目も紫外線から守ることも必要。目に紫外線を多く浴びてしまうと、将来老眼に早くなってしまったり、眼病を招いてしまうこともあるそうです。

f:id:sumomox:20161108192504g:plain

そのため外出時は薄い色のサングラスをして外出するのがおすすめ。目から入った紫外線はメラニンを発生させ、活性化させてしまいます。特に最も日差しが強い10時から14時の間は必ず外出時はサングラスをしておいたほうが良いそうです。


そのサングラスの色も大切で、濃い色のサングラスは瞳孔が開いてしまうので、サングラスを外した時に紫外線が入りやすくなってしまい、逆効果にもなってしまいます。


そのためサングラスの色は薄い色のレンズを選んでかけると、眩しい時は瞳孔が縮まり、紫外線を防止することが出来きます。私たちは毎日紫外線を浴びています。


f:id:sumomox:20160221160803p:plain


今日浴びた紫外線をなくしていくためには、やはりターンオーバー正常でなければいけません。ターンオーバーを正しくするには、入浴がおすすめのひとつ。


肌のターンオーバーを整えて焼けにくい肌を作ってくれます。入浴で体の代謝を上げることがとても大切になります。熱めのシャワーと冷たいシャワーを交互に浴びることで血行が促進されます。


強めのシャワーを使ってリンパの刺激にもなります。特に好んで朝風呂派の人もいるようで、朝お風呂に入ると体温が上昇し、肌の代謝もあがるそうです


f:id:sumomox:20161001192456g:plain


紫外線をブロックするには自分の肌に対し、バリアを徹底的に作ることです。スキンケアに対してもバリアを崩さないケアで強い肌を作りキープしていくことが大切。


肌の調子が整い、バリア機能が正常に働いていることが紫外線を浴びても大きくダメージを受けない条件ともなります。スキンケアに関しては、手を使って優しくするのがコツ。


朝のメイクは紫外線を反射するパウダーを軽く乗せるだけでも大丈夫になるので、肌に負担がかからなくなるそうです。


そして夜は抗酸化作用が強いフラーレン配合のオイルで活性酸素を取り除いて強い肌に作るようにしていくことが大切。