読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

ほうれん草、にんじんが好きで食べていた食材が紫外線防止効果増大だった

Sponsored Links

とにかく人参とセロリが大好きでスティック状にしてほぼ毎日食べている状態。ほうれん草も大好きでバターソテーなんてほとんど毎週のように食べている。そんなほうれん草と人参とても美白美肌に効果があるのです。

f:id:sumomox:20170112192052g:plain

一般的に美白と言うとビタミンCというイメージがありますが、日焼け予防にして、美肌・美白を目指すためには、ビタミンAが一番いいと言われます。肌にビタミンAがたくさんある状態であれば、日に焼けにくいと言われています。化粧品の成分レチノールや野菜のベータカロチンなどは、ビタミンAのことです


日焼けの原因となるUV_B波の帽子、紫外線のダメージからなる肌の修復ターンオーバーを正常に導くなど、美肌づくりのために効果が期待できる成分です。ビタミンAを食事から摂取することによって、紫外線によるダメージを防止することができます。


f:id:sumomox:20161017222550g:plain


ビタミンAが含まれている食材の中でもとても使用しやすく、価格も安く、そして継続しやすいのは何と言っても人参とほうれんそうです。肌や体にとって健康を維持するためには最低でも1日700ugが必要とされています。


人参で言えば中サイズ一本、ほうれん草なら1束弱です。ただし半量でもビタミンAは蓄積することができるので回復が異なります。毎日摂取することによって、紫外線に強い肌を手に入れることができます。


そもそもビタミンAが食材に入っている時は呼び方が違います。レバーなど動物性の食品に含まれるのが「レチノール」。色の濃い野菜などに多いのが「ベータカロテン」。


これらの成分を摂取することで体内でビタミンAとして変化します。ビタミンAを体の中に蓄えれば蓄えるほど、美白に効果があるとされています。ビタミンAは肌を黒くしてしまうUV_B波を防止してくれます。


肌を黒くしてしまう原因であるメラノサイト活性化してしまいます。UV_B波はビタミンAにより、これらを抑え、日焼けや肌ダメージを抑制してくれます。


そして、紫外線によって壊れてしまった肌細胞を修復をしてくれます。その細胞、繊維芽細胞と言いますが、エラスチンやコラーゲンの生成を促進してハリのある肌を回復させたり、角質のバリア機能も強くしてくれます。


そしてターンオーバーを調整してくれ、白くて潤いのある肌に導いてくれます。細胞分裂を助ける働きでターンオーバーのサイクルがを正常に導きます。新しい細胞が生まれることにより、くすみやたるみを防止することもできて、保湿力も上がります。


また、効率よく吸収させるためにはオイルをプラスすることもひとつです。ビタミンAは油に溶ける性質を持つ脂溶性ビタミンです。体の中で成分を効率よく吸収するには、油が必要となります。


にんじんやほうれん草を油で炒めたり、生の場合はオイルをドレッシングに使ったりするのがよいですまた、ビタミンAが豊富なのはにんじんやほうれん草だけではありません。


レバーもビタミンAが豊富です。また鶏、豚、牛などもビタミンAは含まれており、鶏であれば、レバー焼き鳥一本で、1日摂取目安のおよそ8割も取れます。