読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

化粧下地としてオイルを少しだけ使うことで、紫外線を跳ね返すパワーが作り出される

Sponsored Links

メイクの前にオイルを1滴だけ。たったこれだけで紫外線から肌を守れるのです。オイルには光を拡散させる機能を持っていて、日焼け止めと同じように紫外線を跳ね返す作用があるのだそうです。

f:id:sumomox:20160221160803p:plain

さらにそれだけではなく、オイルは保湿力にも効果があるそうです。私達は夏はエアコンの中、冬は暖房の中でいつも乾燥した状態の場所にいることが多いです。


そんな肌が乾きやすい場所にずっといると、紫外線を浴びても吸収されやすくなってしまいます。反対にとても潤った肌をほじ出来ていることにより焼けにくくなるのだそうです


オイルで層をつくることにより、肌にとって自然の皮脂代わりになって、乾燥を防いでくれて潤いを持続してくれます。そのオイルの層は紫外線を表面で拡散させてブロックしてくれます


f:id:sumomox:20160213094425g:plain


保護膜として働き、日光に当たってもダメージが最小限に抑えられます。また乾燥から守る潤いを持続させることで、焼けにくい肌に変わっていきます。使い続けることで、より紫外線に対して強い肌に変わっていきます。




また最近よく耳にする「近赤外線」。この近赤外線からもガードしてくれるのだそうです。UV_A波、B波は皮膚の表面に影響を及ぼしますが、近紫外線は皮膚の奥の筋肉まで到達してしまいます。


これにより、しわやたるみの原因になってしまうと言われています。オイルを上手く利用して、皮膚を防御しつつ、外出時は帽子や日傘手袋などで直射日光を避けるように工夫することが大切なのです。


また皮脂を減らさないためにも、スキンケアの際は擦ったり、洗いすぎにも注意することが大切です。