読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

以前より首と肩がとても凝るようになった、そして小さなことでイライラするようになった。こんな症状に効いた温めとツボ押し

Sponsored Links

肩と首が凝って、とても痛い小さなことでイライラする。気分がすぐ落ち込みやすくなった。女性ホルモンを分泌しなさいという脳の命令は血流にのって首を通り卵巣へ届きます。首の筋肉が緊張していると脳からの命令がブロックされてしまい、卵巣に届かず女性ホルモンが十分に分泌されないことになってしまいます。

 

f:id:sumomox:20170115161234g:plain


脳からの命令が滞ると、イライラや落ち込みもコントロールできない状態になってしまいます。そんな時は首や肩のツボ押しです。後頭部の髪の毛の生え際の部分首の骨の両側にある太い筋肉の外側に肩こりを和らげるツボ天柱があります。左右同時に5秒ほど親指を使って押します。朝、夜一回ずつが目安です。


また、首の根元と肩先中の間の、 鎖骨の脇にあるツボ「肩井」。このツボを左右同時に5回ほど中指でゆっくりと押します。毎日続けることでだんだん楽になってくるはずです。また女性ホルモンが乱れてくると出てくる特徴としては、顔や背中にニキビがたくさん入れるようになった、ひげや体毛が濃くなってきた、食生活が乱れて肝臓が疲れぎみ。


そんな症状が出てきたら、男性ホルモンが増えてしまってきているのかもしれません。家事や仕事、毎日が忙しいと心身共に戦闘モードになってしまいます。そのため男性ホルモンが増えてしまい、ひげやニキビが出やすくなってしまいます。また肝臓は男性ホルモンを女性ホルモンに変える機能を持っています。

f:id:sumomox:20170115161204g:plain


ストレスで睡眠不足、食生活の乱れ等で肝臓の機能が衰えてしまうと、男性ホルモンの方が優位になって増えてしまいます結果女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。こんな症状には卵巣の血流をよくして機能をアップさせることが必要です。

 


 



おへそから指4本下の「関元」というツボに両手を当てて、優しくさすってみる。気づいた時はいつでもしてみるのがポイントです。また添加物が多い食事をしていると、肝臓はやっぱり疲れてしまいます。そんな時にはルイボスティーがおすすめです。ルイボスティーはデトックス系のお茶とも言われています。肝臓の機能が復活して女性ホルモンの増やしてくれます。