読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

なかなか治らない母の手指の痛み、こわばり。高齢だからではなく、使い過ぎだからではなく、女性ホルモンの変動による痛みなのかもしれない

Sponsored Links

加齢、そして使い過ぎによる原因だったと思っていた、手指の痛みやこわばり。しかし最近では、必ずしも加齢や手指の使い過ぎが原因というわけでははく、女性ホルモンの変動が関連している可能性が新しい見解として注目されているそうです。

考えられることとして、手や指の痛さは利き手に関係なく症状にでますし、また指の中でも最も使用頻度が少ないとされる左手の薬指に痛みなどの症状が出ることも多い。そして高齢者全員が手指に痛みやこわばりが発症されるわけでもないからそうです。このことから女性ホルモンとの関係が注目。


女性にとって、女性ホルモンが大きく変動する時期が2回ほどあるそうです。この時期と手指の痛みは発症する時期と重なっているそうです。ひとつは40歳代後半から50歳代。もうひとつは妊娠中、もしくは出産後のまもない時期。出産前後の女性ホルモンのバランスが大きく変動するとき、手指や手の痛みを訴える人が多くなり、


そして出産後、月経が戻り始めたころに、この手指の痛みがほどんどの場合、なくなることが多いそうです。また更年期と言われる40代後半から50代。更年期障害においての一般的症状は、「のぼせや多汗」ですが、一般的は症状はないのにその変わり手指は痛む。とう人はかなりいるのだそうです。


女性ホルモンと手指の痛みとの関連性はまだ解明されていないのが現状だそうですが、手指の痛みに対して、ホルモンの分泌が多く減る時、その「差」が大きい時に関係があるという見方がされ始めているそうです。子宮内膜症の治療において、ホルモン剤を飲んだ人が手指の痛みが軽減されたという症例も数多くでているそうです。


ホルモン剤を飲むことにより、激減してしまったホルモンが補充された結果となり、手指の痛みの症状が緩和された可能性がある。この症例も同じです。実際のところ、更年期生涯の一般的症状と同じよううに、65歳以上になり、ホルモンが低い値が身体で落ち着き始めると手指の痛みの発症数も減っていく症例も多いのだそうです。


また毎月の月経においても、ホルモンの変動により、関節の腫れは起きているのだそうです。エストロゲンが排卵後に大きく減ると、黄体期にはいり、子宮の内膜が厚くなります。これに関連して、関節や腱の周囲にある滑膜も、子宮内膜と同じように、月経の周期に合わせ「腫れたり、引いたり」が繰り返されていることが考えられるそうです。


これにより、手指の関節は普段からよく動かす部位のため、ほんの少しの腫れや不調にも気づきやすいのだそうです。そして手指の痛みを訴える人は40代、50代が圧倒的に多いそうです。以前までは、加齢により手指の痛みや変形が増加すると言われてきたそうですが


それらはあくまでも、全人口に対しての有病者の割合。見方を変え、発症年代を調べた結果、いちばん多かったのが50代前半。そして二番目は40代後半とうことも分かったそうです。年代的に仕事や家事、子育てなどに一番忙しい時期こそ、注意が必要ということになるようです。