Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

瓶のふたが開けられなくなった、指に手に力が入らなくなった。出産後、40歳を超えたころに急増している、手の痛み、指の痛み

Sponsored Links

年齢平均よりも骨密度が低いと主治医に注意を受けているワタクシ。指が曲がらないなどでいつも痛がっている母、数多くの病院に通ってみたけれど、特に効果はなしの状態。いつも痛がっている母は本当になんとかしてあげなくてはと思う今日この頃です。

f:id:sumomox:20160723063114g:plain


ズキズキ、ズキズキ、煩わしい手指の痛み。主に出産後や更年期にかけて、女性が抱える悩みに多いそうです。痛みの症状や部位によって、考えられる病気や対処法が異なるため、加齢や使い過ぎと油断しておくのは禁物。ここ最近では、手指の痛みと女性ホルモンとの関係が注目しつつあるそうです。


手指の痛みや変形を防ぐためにも、うまく付き合っていく方法を知っておく方が得策です。手、指、手首が痛い。同じ症状でも、発生源が違う可能性があるそうです。例えば年齢が30代~40代で、ここ最近で手をひねってしまったり、手を就いてしまったりしたことが思い当たる人は、手のケガによる痛みの可能性があります。


女性は本来、靭帯などの組織が柔らかくできています。特に若い世代では、ちょっとしたひねりや、普段より無理な力がかかってしまうだけで、その部分の組織を傷めやすい人もいるそうです。


病院できちんと調べてもらった方がいいですね。また、現在妊娠中または出産後、または年齢が45歳を過ぎ、月経不順が目立つようになってきた、のぼせたり汗などの更年期と思われる症状が出始めている。そのような人はホルモンの変動が原因でおこる炎症が原因かもしれません。


理由に関してはまだ未解明だそうですが、エストロゲンが急に減る時期など、女性ホルモンい大きな変動があるとき、起こりやすい症状だとも言われいて、研究も進められています。さらに抱えている痛みが、第二関節または第三関節から始まったという人は、関節リウマチの可能性が否定できないそうです。


自己免疫疾患で、自分の免疫力が指の関節を適をみなしてしまい、関節を攻撃してしまうことで起きる可能性があるものです。早めに病院で検査を1度受けたほうが良いと思われます。手や指、手首などの痛みは以前とは違い、ただ使い過ぎや加齢のせいでははく、新しい見方が進んでいるそうです。


 



「加齢、使い過ぎ」よりも「女性ホルモン」との関係性です。例えば指の痛みは利き手ではない反対の方に現れることもありますし、指の中でもっとも使われないとされる、左の薬指にも発症されることも多々あるそうです。しかも高齢者全員に痛みは発症するわけでもない。


このことから、痛みは「使い過ぎ、加齢」という概念から外れ、「女性ホルモン」に注目がされています。女性のホルモンバランスが大きく変動するとき、出産後に月経が戻れば痛みが和らいだ、また子宮内膜症の治療中にホルモン剤を使用したことで痛みが軽減されたという報告もあるようです。


女性ホルモンと手指の関連性に関してはまだ解明しきれていないようですが、女性であれば徐々に年齢とともに減っていってしまうエストロゲン。女性ホルモンをなるべく安定させるような生活環境や食事環境を見直していくということも大切なのかもしれません。