Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

普段の生活ですぐ実践できる目の病気、不調を予防する生活習慣と食材

Sponsored Links

現代人は目の酷使しすぎるとも言われています。 若いうちに大切にケアしておかないと老眼や緑内障などの原因になってしまいますし、 眼精疲労 にもなってしまいます


目の病気や目の不調の予防としてほうれん草や酒を積極的に食べると良いそうです。目を健康に保つためには食事がとても大切だそうです


バランスの良い栄養を摂取するのが理想ですが目の老化を予防するのに取り分けおすすめなのが次の3つの成分


アスタキチンサン
ルテイン
ゼアキサンチン


その3つの成分は目の網膜の入り口にある狭いフィルターを通過して抗酸化力を発揮します。


アスタキチンサンは鮭、ルテインとゼアキサンチンはほうれん草に豊富に含まれているそうです


また細胞を元気にするベータカロチンがたくさん含まれる人参も積極的に摂取する方がいいそうです


そして眼精疲労予防のために毎日寝るときは部屋を真っ暗にして寝る方が良いそうです。薄明かりをつけて寝る人は多いかもしれません。しかし本来目は閉じていても光は感じる ようにできているそうです


このことによりでも明るくして寝ることは眼球の負担になってしまうそうです、就寝時は真っ暗にして寝るのがおすすめです


少し明るくないと寝られないという人は、あかりをできるだけ目から遠い場所に置くということも一つだそうです、


またタイマー式の照明に切り替えるという工夫も一つです、真っ暗にして寝ることによって熟睡にも繋がり朝すっきりした感じが違ってきます


またメガネにこだわることも大切だそうです
30代後半から40代にかけて老眼があるのに気づいていなかったりする人は結構多いそうです。また気づいたとしても放置する人も多いそうです。


自分の目の合わない眼鏡をかけたり老眼鏡なしで普段の生活をするのは目に大きな負担をかけてしまいます


最低でも1年に1回は眼科を受診し、今の自分の目に合う眼鏡を使うほうが良いそうです、そして近視の人も近くが見づらいのであれば老眼鏡が必要なのだそうです


また目の老化や病気などには紫外線とブルーライトがとても強く影響を及ぼしているそうです、紫外線予防と言って顔や体ばかり守っては体は行けなかったのですね


なるべくこの紫外線とブルーライトを避ける習慣をつけた方が良さそうです、また姿勢が悪いと、目の血流や神経の流れが悪くなってしまい、色々な目の病気や眼精疲労につながってしまうそうです


背筋をよくするためにもなるべくヒールなどを履いた方が良いそうです。背筋がピンとなります。