読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

顔のアンチエイジング、アンチエイジングと騒いでいたら、目もアンチエイジングしなくてはいけないことに最近気づいた。ドライアイ 目 疲れ 眼精疲労 疲れ目 疲れ目 グッズ 疲れ目 マッサージ 目元エステ 眼精疲労 血行不良

Sponsored Links

将来的に老眼になる人ならない人、その違いは毎日の生活習慣からなるそうです、

出来れば歳をとってから老眼にはなりたくない、目の老化は20代頃から始まるというので若くても、いつケアを始めてもいいような気がします


40代になると同じ年齢でも体の衰えに大きな差が出て来るそうですその中には「目」あるそうです

f:id:sumomox:20170110214032g:plain

目の老化が20代頃から始まるそうで、症状として現れるのは40代なのだそうです、しかしその中でも老眼が一気に進む人もいれば、何の症状もない人もいるで、きればずっと今の状態でいいのが希望というもの。


この差は生活習慣の差によるものが大きいそうです、年齢とともに目の中ではピント合わせをしたり、光を捉える機能が少しずつ衰えていくそうですが、緑内障や黄斑変性 症といった病気にもかかりやすくなってしまうそうです


目は脳に資格情報を与えて、認識させ考えさせる大切な役割を持っている。要は脳に直結した機関なのです


そのため目が不調でよく見えないというのは、実は脳の働きも落ちてしまうのだそうです、脳の健康を保つためにも、目のアンチェンジングは若いうちからとても大切なことです


今やっていることで、例えばアイメイクが濃かったり、まつげエクステをしている、1年以上眼科を受診しないで同じ眼鏡やコンタクトをずっと使っている、


夜寝る時は明かりをつけて寝ている、遠くの風景をあまり見ない、ぺったんこな靴ばかり入っている、待ち時間や移動時間はいつもスマホをいじっている


これらは目の老化が進んでしまう可能性が大だそうです、 今からでも少しずつ改善していきたいものですね。


目は本当に大事です。 目の機能の一つ水晶体は厚みを変えることでピント調整する大切な器官なのです。子供の頃はゼリー状だったものが、


だんだんグミのように硬くなってしまいピントが合わせづらくなってしまうそうです、老眼、白内障の原因にもなってしまうそうです


涙膜は目の表面を覆っていて、乾燥を防いでくれます。加齢により涙腺から出る涙の量やマイボーム腺から出る油の量が減って、潤いが減っていってしまいます


毛様体という部分は、水晶体の厚さを調整する筋肉、また目の組織に酸素や栄養素を届け老廃物を排出する防水を作る役目でもあるそうです。加齢による水晶体の調節が衰えて防水の質も低下してしまいます。