読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

マットレス代えて快眠♪ゆがみ太りは枕マットレスで解決できる

Sponsored Links

枕同様、マットレスもあっているものを使わないと歪みの原因首肩などを痛めてしまいます、マットレスの選び方は何かと誤解している人が多いそうです

自分にとって彼はないマットレスを使っているとどんどん全身が歪んで力肥満体質になってしまう可能性もあるそうです、


まずだめだめマットレスとしては硬めのタイプのマットレスこの方女のタイプのマットレスは腰痛持ちが人が多いそうです。


硬い方が腰にいいという思いがちの人も多いそうですがこれは間違いなのだそうです枕が高いと首が安定しません


f:id:sumomox:20151120220259g:plain


そして腰に重心がかかってしまうため硬いマットレスに腰が支えられて楽に感じます。 そして幕なのをいいことにこれをずっと続けてしまうと腰を痛める原因にもなってしまうそうです


そしてもう一つのだめだめマットレスのタイプは柔らかいマットレスです。 ふわふわしている体が沈みやすいやわらかマットレス、


この柔らかいタイプのマットレスはどんな人の体にもフィットすると一見思われがちです、 しかし例えば体重が重い人はお尻だけ沈んでしまうなど人によって体の一部に極端に負担がかかってしまうことが多いのだそうです。



ではどんなマットレスを選べばよいか体にフィットする腰が落ちないこの2点に焦点を合わせてマットレス選びをするのが良いそうです。


具体的には自然に腰の隙間を埋める腰に負担がかかっていないものが理想的ですそして体型でマットレスを選ぶとすれば細い人であれば、


柔らかいマットレス痩せている人が硬めのマットレスを使ってしまうと体の曲線にマットが馴染まず肩こりや腰痛の原因になってしまうこともあるそうです



そしてちょっと太めの肩にとっての良いマットレスは固めのマット。 処女の人革柔らかいマットを使うとお尻がどうしても沈んでしまい腰の負担になってしまうそうです。


お尻が極端に沈まないようなマットレスを選ぶのがポイントです、そして標準体型の女が選ぶマットレスのポイントは中硬めのマットレスです。


肩すぎもせず柔らかすぎもせず中間のマットレスが理想正しい低めの枕自分にとって合う人は柔らかめを選んだ方がいいそうです