Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

日常ほとんど運動しない、忙しくて睡眠不足。こんな人に適した痩せ方

Sponsored Links

夜中に何回も目が覚めてしまう、寝つきが悪い寝ても疲れがとれない、朝からぐったりしている、毎日が忙しくて睡眠時間が足りない、普段全く運動しない。

こういった人は脂肪を燃焼することを極力心がけてダイエットを心がけるといいそうです、気持ちよく良質の睡眠をとって痩せホルモンをしっかりと分泌させる深く良質な睡眠をとるために、


普段から 寝られない人は、 睡眠中に出るホルモン成長ホルモンを始めとした痩せホルモンをしっかりと分泌させることがコツだそうです。


f:id:sumomox:20151120220259g:plain


痩せホルモンが分泌されていないと太りやすく痩せにくい体質になってしまうそうです。 夜の食事屋簡単でもいいのでちょっとしたエクササイズで良質な睡眠に導いて痩せるホルモン出すことが必要。


肩こりや腰痛があるむくみやすい続くと腰や背中が回る丸まっている猫背足をよく組むまたは片足に体重をかけて立つ体の右側と左側で体型がボディーラインが異なる。


こういった人は体が歪んでいることが原因太ってしまうことの歪みを矯正することによってメリハリボディーが手に入ります。


睡眠中の今日1日のリセットでバランスの良いボディラインへ導くことができます。 姿勢が悪かったり猫背だったりボディラインがバランス悪かったり、


そんな人は身体の歪みが余計な脂肪をつけてしまいます、骨と筋肉を休ませてあげる睡眠の時は歪みを矯正するベストな時間寝るとき起きた時の姿勢や寝具選びを少し変えて睡眠中にしっかりリセットさせてあげることが大切


便秘になりやすい食事はコンビニ食が多いいつもお腹が張っていてほっこりしがち夕食をおいてから寝るまでが3時間以内普段からストレスを感じることが多い、


このような人は腸内の環境を整えることが大切腸内の環境を整えることができたらお腹がぽっこり解消できてへこんだお腹になります



睡眠時はとても腸が動く時間なのだそうですその腸がよく動く睡眠中に集中してケアをすることでぺったんこなお腹を目指せます。


老廃物など余分なものを食べにくい体にするために腸内環境を整えることはとても大切なことです、副交感神経が優位になる時間は睡眠時間その睡眠時間が長が最も活動に動く貴重な時間帯、


普段から腸に負担をかけがちだったり何かしら不調を感じていたら腸環境を整えることが大切そうすることでペッタンコお腹そして角部文字に満ちることができます。