読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【快眠枕】 太る寝方をしていたらとってももったいないあなたを太らせてしまう枕マットレスの常識

Sponsored Links

ダメダメ寝具が原因で太りやすい体になってしまう可能性もあるそうです、これは考えないといけないですね。 それに本当に自分の体に合った寝具を使っている人は10%もいないそうです。

自分が寝るときいつも横向きになっていたり首皺が気になっていたり腰が痛くなってしまったりしていたらそれはきっとまくらや、マットレスが合ってない証拠かもしれません。


自分に合わない枕やマットレスが肩や首腰など体のあちらこちらに負担をかけてしまっているそうですするとどうなるかと言いますと呼吸がしづらくなり骨格も連れてきて結果は体内の循環が悪くなってしまいます


そしてこれが体の歪みにつながってしまうそうです。 特に体の歪みの元になってしまうのが体を支える枕とマットレスこの二つがポイントとなるそうです。


f:id:sumomox:20151120220259g:plain


この枕とマットレスが自分の体のラインにぴったり合っていて立っている時のような姿勢を保って行けることが理想の寝具なのだそうです。


寝具が自分にぴったり合っていると寝返りも上手く打てるようになるそうですしっかり寝返りが打てるということは体の歪みを調整することができ結果的に痩せるということにもつながるそうです


もうすぐにでも枕屋マットレスを見直してストレス軽減、歪みによる太りを脱出しましょう。まず枕の大切さ、 枕が高すぎても低く服すぎてもだめだそうです



体に歪みの原因なったりするだけではなく肩こりやなんと二重顎の原因にもなってしまうこともあるそうです。


ほとんどが使用している定番型の枕ですが最もよくあるタイプで実は使い方が間違っているのだとか。


この定番型の枕は欧米ではこの枕を複数使用して組み合わせて見やすく調整しているのだそうです、


頭の下に枕をきくにほんじんにはこの定番型の枕は頭の部分が高すぎてしまうそうです絶対に合わない枕の 代表だそうです


そして そしてウェーブ形の枕は首が高く型の枕は首が高くしすぎてしまうそうです。


このウェーブ型の枕は首の部分に凹凸があることにより見た目は首にフィットしているように見えます、


しかしこれも欧米生まれの枕日本人にとっては首の部分が高すぎて首筋を痛めてしまうこともあるそうです


また寝るときに枕自体使わない人も結構いるそうですが、これは頭の下に何も引かずに寝ると首の後ろのアーチを固定できず首や肩などに負担がかかってしまうそうです



また頭が心臓よりも下になってしまうため頭が顔がむくむ原因にもなってしまうそうです。ではどんな枕高さなら良いかということになりますが、


1.首から少し高めのもの、2.首がまっすぐになる、この二つをポイントとして枕を選ぶのが良いと水槽です。


首のアーチを支えるため首の後ろが高くなっている枕を股首がずっとまっすぐになる高さの枕を選ぶことがポイントなのだそうです。