Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【 快眠 】いつも同じ向きで寝てしまう、 寝返りがうまく打てない

Sponsored Links

いつも同じ向きの寝かた、例えばいつも横向きで寝てしまう人、そう言った人は、枕が高い可能性があるそうです。

仰向けで寝ようとすると呼吸がしづらいくなってしまう。 その場合枕が高い証拠なのだそうです。 仰向けでも横向きでも苦しくない枕にすれば寝返りもしやすく良質な睡眠がとれます、

f:id:sumomox:20151120220259g:plain

皆が一度は気になる寝具の替え時ってどれくらいなのでしょう、 枕は1年から5年マットレスは7年から10年が目安だそうです。


枕は素材がへたって高さが合わなくなってきてしまいます時間とともに。 そのため合わなくなってきた時点で注意して見るのが一つ。


マットレスも次第に劣化していくためおよそ10年を目安に変えるのが良いそうです。自分に合った枕マットレスを選んで良質な睡眠をとることができたら健康にもダイエット効果にもつながります。


反対に自分に合っていない寝具を選んでしまうともちろん 良質ではない浅い 眠りになって しまいます。


人は夢をよく見ますが、 毎日のように夢を見ていると言うのであればそれは熟睡していないサインなのだそうです。


なぜかと言うと夢は浅い眠りの時に見るものだからさそうです。 寝つきが悪く深く眠らないと会社効果のある成長ホルモンの分泌の低下してしまい痩せにくい体質になってしまいます。


自分に合った枕屋マットレスを的確に選びそして常にリラックスを心がけることが大切なのだそうです。


そして自分に合っていないまくら屋マットレスを選んでいる場合やはり寝方が悪く呼吸がしづらくなってしまう人もいます。


そういった場合呼吸によって酸素をしっかり取り組めなくなるので脂肪を燃やせない状態になってしまいます。