Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

正しい歩き方をマスターすれば、 肩こり、腰痛、頭痛、様々な不調 が改善できる。 足裏3点歩行のスゴ技

Sponsored Links

正しい歩き方をマスターしたことによって長年悩んでいた様々な不調があっさり消えたという人も多いそうです。

世の中では正しく歩けている人はとてもとても少ないそうです。正しい歩き方というものを知らない人の方が多いそうです。


正しい歩き方というのは、決して難しくなく、誰にでも簡単に出来、すだいに調子が良くなっていくものだそうです。


正しくないダメな歩き方をしている人は、足の指が浮き気味になっていて、足の付け根と踵に頼る 不安定 な二点歩行になっているそうです。


二歩行は、重心がかかとよりに なってしまうそうです。 これに左右の差が加わってしまうことで、足裏がとても不安定な状態になってしまうそうです。


そしてこの不安定さを膝、腰、首などが補おうと頑張ってしまうため、 結果として、首こり、肩こり、頭痛、腰痛、膝痛などの様々な不調が起きてしまうそうなのです。


神経が集中している首。その首を痛めると、自律神経も乱れてしまうため、結果、冷え性や不眠、便秘。


さらにはうつ病にまでに発展してしまう可能性もあるそうで。そこで活躍するのが、2点歩行ではなく、足裏3点歩行。


指、足の付け根、かかとの3点ですこの3点で同時に着地する。 この歩き方だと着地の時にかかる力を足裏全体で吸収できるため体のどこにも負担がかからないといいます。


歩き方を変えただけで長年悩んだ不調がすぐに消えたという人も多く存在するそうです。


三点歩行は膝を1cm 高く上げて足裏全体で着地する 歩き方です。 まっすぐに前を向いて頭や背中お尻を一直線上にしてしっかり立ちます。 この姿勢のまま膝のいつもより1cm 高く上げることを意識する。


そして指、指の付け根、かかとの3点で着地をするイメージしながら歩いて行きます。 最初はなれないですが意識していくうちにできるようになりますそしてこの歩き方であれば重心も自然と内側に持って行ってくれます。


指、指の付け根、かかとの3点で 着地。 2点歩行の時に起こした様々な不調が改善し、O脚や足のむくみやだるさもスッキリしてきます。


またこの三点歩行の練習はウォーキングしている時だけではなく、 電車やバスで立っている時にも練習ができます。


電車やバスの中で膝をピンと伸ばして立っている人も多いと思います、膝や腰首の骨に必要以上の負担がかかってしまっているそうです


こりやいたみ、不調の原因にもなってしまいます、電車やバスの中で立ったままでいるときは、両膝を少し曲げる。


体の負担が減り、かかとによった重心も、足裏全体に分散するように意識すると良いそうですよ。