読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

健康意識が高い人はみんな作っている、手作りドレッシング。無添加ゼロで簡単、3分でヘルシードレッシングが作れます

Sponsored Links

とても安く作れて美味しいし安全で安心な手作りドレッシング。 ドレッシングは市販品を使うのが当然と思っている人も思います。


それに材料を何かと入れないといけないので面倒というイメージも強いかもしれません。 しかし手作りドレッシングは実はとても簡単。


早いものであれば3分あればできてしまいますし、 市販のドレッシングよりもずっと経済的で、 さらに自分好みの味にもできます。


手作りドレッシングのメリットはこれだけではなく添加物を使わないため安心で安全です。そして約1か月間も保存できるため一度使ってしまえば、あとはとても楽になります。


自分好みのドレッシングを生野菜やカット野菜などお好みなものにかければあっという間に立派な一品食材になります。


使用する水を変えて少し工夫するだけでサラダにバリエーションが生まれますそのためいくつか作り置きしておいてもとても便利になります。


ドレッシングと言うと野菜サラダにかけるというのが定番のイメージですが、サラダにかけるだけではなく焼肉や、野菜炒め、ブレッドなのにもかけることができてパーティーは無限大です。


手作りドレッシングのメリットはお好みのドレッシングが作れるというだけではなく健康意識が高い人にとってもとてもヘルシーなドレッシングが作れるので人気が高いです。



そんなヘルシードレッシングを一つ例に挙げてみると「豆乳のごまドレッシング」。


作り方も簡単で材料は、 豆乳:200ml 、白すりごま:大さじ5、酢:50ml 、砂糖:大さじ11/2、味噌:大さじ11/2、塩:小さじ1。


作り方は1. 砂糖、味噌、塩をボールに入れて、少しずつ酢をくわえながら、かき回します。


2.豆乳とすりごまに1を加えて混ぜます。 これだけですとっても簡単ですよね。 この豆乳ごまドレッシングであれば、46kcal、保存期間約3週間もちます。


どれも基本的には混ぜるだけで ok ですのでとても簡単です。 しかしさらに完成度は高いドレッシングを目指すためにはいくつかポイントもあります。


まず分離したドレッシングは降りまぜてから使うということです。 オイル入りのドレッシングを作った場合時間が経つと当然分離します。

使用する前に降り混ぜるのですが、 フォークなどを使うとさらに細かく 混ざります。 そしてオイルを使うドレッシングにおいて油を入れるのは一番最後。


少しずつ加えながら混ぜます。 油が最後に少しづつ注ぎながらしっかり混ぜて乳化させることが大切。 分離した時に降り混ぜるときにも、とてもなじみやすくなります。