読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

多くの人が知らないうちにやっている体調の不調を引き起こしてしまうダメな歩き方。 あなたはどの歩き方?

Sponsored Links

歩き方だめだめ、かかと衝撃タイプの歩き方の人は、膝をまっすぐ伸ばしてそしてかかとで着地する歩き方の人。

かかとにくるガツンガツンとした強い衝撃が、膝、腰、首そして頭に響き、痛みや不調の原因になってしまう可能性があるそうです。


こういった人は靴のかかとが、いつも大きくする減ってしまう。長時間歩くと踵が痛くなる


蹴ってかかとで着地が正しい 歩き方と教わっていて、 そのまま実践している。膝が痛くなる。

f:id:sumomox:20151103100853g:plain

そして、足をあげないタイプの歩き方。 膝をほとんど上げる足を引きずるようにペタペタ歩くタイプ の歩き方をする人です。


歩いていても足の筋肉が一向に鍛えられないため、とても疲れやすく、むくみで太りやすくなります、


さらに、下半身デブにもなりやすくなります。 こういった 歩き方の人 は段差のないところでよくつまづく、歩くと靴の底がすっと擦れる音がする。

ふくらはぎがむくんでいたり、太い。人と比べて歩くのが遅いというのが特徴だそうです、


外側重心で歩く人は、 現代人の多くが当てはまるそうですこの歩き方。体の外側に重心が傾いてしまっているためだそうです。


外側の筋肉ばかり使われることによって、足のだるさや腰痛、さらには O脚の原因にもなってしまうそうです。


こういった 外側重心で歩く人は、靴の底の外側が大きくすり減っていて、足の裏の外側にタコがよくできる 人が多いそうです。


また、 歩いてる時、足首が外側に足首かぐきっと倒れることめあり、そしてO脚であるという人が多いそうです。


猫背歪みで歩くタイプの人は、 その名の通り 猫背のような悪い姿勢で歩きます。 この歩き方が癖になってしまうと、


骨格筋内臓の位置も歪んでしまい全身の不調が起こりやすくなってしまう可能性もあるそうです。


こういった歩き方の人は気が付くと背中が丸いまた歩行中によく携帯を見ている、 5cm 以上のパンプスをよく履く。


そしてヒールをはいたとき、膝を大きく丸髷曲げると歩きやすい。これらは皆ダメダメ歩き。 歩くスタイルが綺麗だと周りからとても素敵になります、


そして自分の不調を改善し健康になれます。 でしたら正しい歩き方をマスターした方が絶対いいですよね。


正しい歩き方をマスターすれば、自律神経が整いまし肩こり首こりも改善しますし、頭痛・腰痛の改善、


さらには便秘、不眠、冷え性も改善するなど、すごい範囲で体の調子が良くなっていくのが分かります。歩き方ってそれだけ大切なんですね