読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

ブースター、ダイエットブースター、食前に食べると痩せるダイエットブースター。世界中の最新研究でわかってきた食材と成分

Sponsored Links

ダイエットブースター? ブースターといえばお肌の手入れの初めにつけると、スキンケア効果が高まる化粧品のことを言うそうです。

この考えと同じように、実は同じようにダイエット効果をとても高める食材ダイエットブースターというものがあるのだそうです。


代謝アップ、脂肪燃焼促進、糖や脂質の吸収緩和など、 研究により痩せる効果が裏付けされた食材は、食前に取ることで脂肪が落ちやすくなるとされているそうです。


満腹感があり、食事量も少なくなり、体重もおなかもストレスなく、自然にダイエットできるのだそうです。


f:id:sumomox:20160112230423g:plain


そのダイエットブースターの3食材とは、 オレイン酸で代謝アップのアーモンド、 解毒作用でむくみスッキリのクミンパウダー、 そして注目成分「バニリン」で燃やすホット梅干し。 まずはほっと梅干し。


痩せられる成分としてバリニン、ムメフラール、クエン酸があります。 ムメラフールは動脈硬化の予防になるとか言うので有名になってきました成分ですよね。


ホット梅干しは、もちろん名前の通り梅干を熱する。 電子レンジで加熱するとダイエット効果がパワーアップするのだそうです。


梅干にある成分、「バニリン」は脂肪細胞を刺激して燃焼させる効果が期待できるそうです。このバニリンは梅干しを加熱することによりさらに20%増えるそうです。


また梅干しは温めるとムメラフールという成分を発生し、 クエン酸とともに血流を促進して代謝がアップするそうです。


しかし塩分が多いため、摂取するのは1日3個までなのだそうです。梅干しは一度温めれば、覚めても成分に変化がないそうです。


梅干し10個を電子レンジで約1分ほど加熱し、冷蔵庫で保存することができます。まとめて加熱してストックしておくことができます。

そしてアーモンド。 アーモンドはオレイン酸食物繊維ビタミンEが含まれています。 オレイン酸で代謝アップと食物繊維で食べ過ぎが防止できます。


f:id:sumomox:20160109110200g:plain


アーモンド は脂肪がメラメラ。腹持ちもいいです。 アーモンドに含まれる脂質のおよそ7割を占めるオレイン酸このオレイン酸は新陳代謝を上げるホルモン・テストステロンの原料になります。


ブドウ糖の吸収を調整する機能もあり、 脂肪の蓄積を阻止します、 さらには不溶性の食物繊維が豊富なため、


腸を整えて便秘を解消します。 ビタミン Eの抗酸化作用をキレイとヤセのサポートしてくれます。 1日25粒が目安で。



そしてクミンパウダー。 クミンパウダーはスパイシーな香りで、毒素を排出してくれる効果が期待できます。


1日大さじ1杯ぐらいです。 クミンパウダーに含まれている成分はクミンアルデヒドと 植物ステロール。


インドでも馴染みのあるクミン。 新陳代謝を活発にして脂肪の燃焼を促進する効果もあるそうです。


クミンアルデヒドは腸内に溜まったガスを抜き、体内の老廃物を排出する役割を持っています。


そして植物ステロールにはコレステロールの吸収を抑える機能があり、 痩せやすい体質に導いてくれるのだそうです。