Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

水出し緑茶、めずらしく我が家では1年以上続いている 健康法。エピガロカテキンのチカラ。マクロファージ?!

Sponsored Links

水出し緑茶でダイエット、免疫力アップ、 更には糖尿病、高血圧、メタボ、認知症、肝炎にも効果が期待できるとテレビで見たようで母がつくり始めてからもう1年以上も経ちます。

テレビで健康に良いという方法を見てから、何でもためしてみるのですが、長続きはしません正しいこの水出し緑茶だけは長続きしています。 緑茶と言えば、通常は温かいお茶を思い浮かべると思います。


緑茶の健康効果自体、広く知られていますが、 水出し緑茶には、温かい緑茶にはない免疫力を上げる効果が期待できる そうなのです。


また緑茶の健康 効果 といえばカテキンが広く知られています。 しかし緑茶を飲むことの直接の因果関係は、まだはっきりしていないそうです。


しかし緑茶を習慣的に飲み続けている人はガン、 生活習慣 になりにくいという報告もあります。


そしてこの 緑茶に含まれるカテキンは、日本だけではなく世界から注目を浴び始めているそうです。 カテキン とひとことに言っても、 カテキンに含まれる 種類はたくさんあるそうです。


そして緑茶に含まれるカテキンでメインとなるのが、 抗酸化や 抗炎症作用があるとされる、 エピガロカテキンガレート。


エピガロカテキンガレート?f:id:sumomox:20161004204940g:plain


実はこのエピガロカテキンガレートが私たちが通常かチキンと言っているものだそうです。 そしてもう一つ大切な風邪菌がありますそれは正常な免疫機能をサポートする効果が期待されるとされる、 エピガロカテキンです。


エピガロカテキンf:id:sumomox:20151115112318g:plain?。


なんだか似たような名前です。 しかし過去はエピガロカテキンガレートの ことばかり注目されていたそうですが、


本来の緑茶の健康パワーをはっきりさせるためには、 エピガロカテキンの方が特に重要な鍵になるのだそうです。


このカテキンに2種類があってこそ、抗酸化作用と免疫機能を活性させる作用を緑茶にはダブルの効果が期待できるのだそうです。


しかし私たちがいつも飲んでいる温かい緑茶。 この暖かい緑茶を飲んでいるだけでは、この二つの効果を得られないそうです。


というのは緑茶をお湯で飲むと通常のカテキン、エピガロカテキンガレートは 遅れますが免疫力を高める方の、 エピガロカテキンの効果の方は弱まってしまうのだそうです



エピガロカテキンは簡単にいうと、体内の掃除するマクロファージという免疫細胞を活性化 してくれるそうです。


マクロファージは体の中を巡回していて、私たちの体の中の老廃物や、体内に侵入した 悪い菌などを排除してくれる役割を持って いるそうです。


その結果私たちの体の免疫力を上げてくれます。 そしてこのマクロファージは、冷水で入れた緑茶によってとても活性化するのだそうです。


注意しなければいけない点は、お湯で入れた緑茶を冷まして飲むのではなく、冷水で入れたお茶というところです。