読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

3大幸福ホルモン、オキシトシン、セロトニン、成長ホルモンで「 幸せ度」を最高潮に

Sponsored Links

幸せを感じることができない人の 感情はいつもネガティブばかり。 隣の芝生は青く見える。 と言わんばかりに 自分にないものをのぞみがち。

手に入れたとしても幸せであると限らないのに、 それがわからずただただ欲しがってしまう、 妬んでしまう。


こういった感情ばかりが心にあると、 幸せがどんどん逃げていき、幸せ感が全く感じられない負のスパイラルに陥ってしまう。


誰だってどちらかを選べと 言われたら 「幸せ感」でいっぱいの方がいいに決まっている。


f:id:sumomox:20160202221117g:plain


しかしそれを難しく感じ過ぎてしまっている人がほとんど。


ほんの少し見方を変えるだけで人生が180度変わることだってあるのに。


私たちの脳はそれを現実にしてくれる、叶えてくれる すごいパワーと機能を持っている。


脳から分泌される幸せホルモンとも呼ばれる オキシトシン、セロトニン、成長ホルモン。


これらの幸せを感じるホルモンをうまく分泌できるようになれば、 幸せ人生まっしぐら。



愚痴や不満ばかり言っているより、 これら幸せホルモンを たくさん 分泌させる ことをして、 誰よりも幸せになった方が断然得とも言えるのです。


人と触れ合うことで高まるオキシトシンは、 私たちの心を和ませてくれて、ストレスも減らしてくれる脳内ホルモン。


家族と触れ合っているときや、 ペットや動物 かわいがっている時、 などの感情でほっこりした気持ち。


そんな気持ちを味わうと、よく分泌されるホルモン。 誰か同じ人と目的を一緒に達成させるような、


お互いの親密度が高まるような時を過ごすのも効果的 なのだそう。


心身リラックスにセロトニン。 セロトニンは精神の安定作用がある神経伝達物質。


セロトニンが分泌されるととても 心 穏やかな気持ちになり、 幸せ度を高めてくれます。


反対にこのセロトニンが欠乏してしまうと、 不安な気持ちが強くなる。


規則正しい生活や運動など、自然のリズムに合わせることで、 働きがアップ。


そして健康であることが幸せのベースとなる成長ホルモン。


睡眠や運動で分泌されるこのホルモンは、 疲れた体をメンテナンスしてくる。


f:id:sumomox:20151103100853g:plain


臓器や筋肉を 再生する機能を持っています。 体が元気、そして健康でないと、


それにつられどうしても、心も辛い・苦しいと思いがち。


調子の良い体を常に保って行くことで、 心も幸せ感を感じられるのです。


上記に挙げた3つの幸せホルモン、オキシトシン、セロトニン、成長ホルモン。 これらに何なんとなく似たイメージのドーパミン。


ドーパミンは、賭けごとや買い物など、ワクワクドキドキする体験 によって働く物質。


脳を興奮 させて持ち上げますが、 このドーパミンの快楽感情は、 一時的なものであり、 ハッピー度 であれば、


ドーパミンよりセロトニンやオキシトシンを向上させる生活 心がけた方が良いのだそう。