Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

睡眠中はダイエットと健康のゴールデンタイム、 コルチゾール、 成長ホルモン、 レプチン、 そして骨と筋肉と、、、

Sponsored Links

睡眠中はダイエットと 健康維持のための ゴールデンタイムf:id:sumomox:20151120220259g:plain。 人間の体は神経とホルモンによってコントロールされていますそのホルモンにも多くの種類がある健康に必要なホルモンダイエットに必要なホルモンだの様々あります。 人間の体が寝ている時も活発に代謝が行われているそうです。

そのためこれを利用すればダイエットにもつながるというのだそうです。 数多くあるホルモンの中で代表的なものが成長ホルモン、コルチゾール、レプチンです。 そして睡眠中において骨と筋肉、腸もポイントになります。 まず成長ホルモンは太りにくく痩せやすい体質に導きます。


日中動いているf:id:sumomox:20151103100800g:plainとその日の活動により細胞は古くなったり壊れたりします。 そしてその古くなったり壊れた細胞を修復してくれるのが成長ホルモンです。 新陳代謝を活発にし、 痩せやすい体質にリセットしてくれます。 この成長ホルモンがたくさん分泌される時間は、 寝始めてからおよそ3時間の間に、 ノンレム睡眠という深い睡眠に入ることで多く分泌されるようになります。


コルチゾールのホルモンは脂肪を燃やし続ける働きをしてくれます。 このコルチゾールというホルモン、 午前3時から6時頃にかけて多く分泌されるホルモンだそうです。 就寝中や起きてからすぐのエネルギーを作るために、 寝ている間に体脂肪を分解して、 そして燃焼をも促進してくれます。


午前12時には眠りにつくことでスムーズに分泌されるそうです。レプチン ホルモン は、 嘘の食欲f:id:sumomox:20160109110200g:plainを抑制してくれます。 レプチンというホルモンは7時間ほどの睡眠をとることで、 脳に「 満腹です 」 というサインをしっかり伝えてくれるホルモンです。



このホルモンにより食べ過ぎを防ぐことができます。 反対に睡眠不足になると、 グレリンというホルモンが出てきます。 このグレリンホルモンは、 「お腹が空いた」という空腹サインを過剰に分泌するため。 食べすぎや無駄食いの 原因にもなってしまいます。 そして寝ている間に、私たち 体は骨と筋肉を休ませてゆがみを矯正してくれています。


引力。 私たちが起きている間、体には重力がかかっており、負担をかけています。 そのため筋肉が骨に多くの負担がかかってしまっています。 睡眠時に横になると、 重力が1/4にも軽減されます。 そのため体の疲労とゆがみがリセットされるようになっています。


また睡眠は腸に対してもとても大事です。 自律神経、 交感神経と副交感神経がありますが、 リラックス時は副交感神経が優位に働いているもの。 睡眠時において副交感神経がとても優位になる 睡眠時は、 腸が活動的に動く時間帯でもあるそうです。 「モチリン」というホルモンが十二指腸から分泌され、 私達の腸内環境を寝ている間に整えてくれます。 そのため老廃物を出すために 活躍し、 太りにくくそして痩せやすい体に持っていってくれるそうです