読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

骨盤が広がると、内臓が下がる、内臓が下がると、下腹ぼっこり、正しい位置にもどれば、内臓も本来の機能がきちんと行える

Sponsored Links

骨盤が歪めば当然ボディラインも崩れる。とてもわかりやすい、下半身太りが悩みの私は歪みまくりなのでしょう。

そのため、私みたいなタイプであれば、食事制限や有酸素運動運動よりもストレッチなどの骨盤の歪みを正していく方法の方が合っていて、効果的に痩せられるのだと思う。


実際かなり努力して長期間、有酸素運動を続けてみましたが、結果痩せたのは上半身ばかりで、下半身はほとんど痩せられなかったという状態です。


そのため、必要なのは、カッチカチに凝り固まった筋肉をほぐすことと、骨盤含む骨格の歪みを矯正することが一番効果的なのだそうです。


骨盤は身体全体を支えるのにとても大切な役割のある骨です。この骨盤を意識しながら体を動かすようにすれば、他の骨、背骨や肋骨、肩甲骨も一緒に良い環境にもっていくことができるそうです。


普段の生活で意識することも大切ですが、なにか運動やエクササイズをするのであれば、どちらか一方に負荷がかかるようなものではなく、左右バランスよく行えるような、ヨガやストレッチ、エクササイズ、ダンスなどが良いそうです。


そもそも今の時代は便利になりすぎて、運動する機会も減り、運動不足の人がとても多い時代です。
運動不足により筋肉が緊張し、コリ固まってしまっている状態では、血管が圧迫されてしまい、流れが滞ってしまう原因にもなってしまいます。


血液はとても重要な役割を担っています。血液は栄養や酸素を体の隅々まで運び、脂肪燃焼にも欠かせない働きをもっています。そのためこの血液の流れが滞ってしまうということは、もちろん代謝が落ちるということにつながります。


骨を意識しながら運動、エクササイズ、ストレッチなどすれば、効果的の筋肉の緊張や固まりをほぐすことができ、代謝アップにもつながります。
骨格が曲がっていると、当然姿勢も崩れがちになってしいます。


骨盤含む骨格が正しい位置に矯正されれば、背筋はぴんっとし、正しい姿勢となり、見た目もとてもスレンダーに見えるようになります。



また全身が引きあがりますので、その分筋肉をきちんと使えるようになり、脂肪燃焼にもつながり、当然脂肪も徐々の落ちていき、身体が引き締まっていきます。


また骨格がしっかりしていないと内臓にも影響を与えてしまいます。骨盤が歪んで広がっている状態になってしまうと、胃や腸などが下に下がってしまい、下腹がぽっこりの原因にも。


骨盤含む骨格が正しい位置に改善されれば、内臓も本来あるべき場所にきちんとおさまり、下腹もすっきりします。それに、内臓はあるべき場所に収まっているからこを本来の働きがしっかりと機能されるそうなのです。