Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【冷えとり】寝てても痩せる体を目指すなり、 冷えを解消する 食事 、 入浴 、呼吸

Sponsored Links

温活ではないですが体を温めることはとても大切なこと。 ずっと原因不明の不調続きでしたが体を温めることによってだんだんと良くなってきました。

体を温めること( 冷えとり )は、 いろいろな方法が存在し冷えとりグッズもたくさん存在しています。


その中で私がメインに実践していることは食事と入浴そして呼吸法です。 口にするものの選び方ひとつで体が熱くなりますそれだけ食事の内容は大切になります。


食事は体温を上げてくれることをとてもサポートしてくれます。 人 のカラダは口にしたものを燃やして熱を作り出します。


そしてその食べ物には体を冷やし安くしてしまう食べ物と体を温める性質を持つ食べ物があります。


そのためなるべく自分の体温より温かい状態のものを食べるようにすればその摂取したものの熱で温まりやすくなります。


それに加え、 香辛料 などの血管を拡張させて体を温める食材もありますので積極的に摂るようにしています。


冷たい食事はなるべく摂らず温かい料理を取るようにしています。 夏冬に関わらずです。 雑炊や味噌汁、スープなど、 温度が高い食べ物は血行を良くしてくれたり、体温を高くしてくれます。


パンに生野菜サラダなど、 そればっかりの食品を取っているとたまにはいいかもしれませんが冷え性の原因ともなってしまいます。


飲み物も基本温かいものを飲みます冬であればホットで飲む夏であれば冷やしたものではなく常温でなるべく水分を取るようにしています


そして入浴。 お風呂は毎日入るものそのため温めるパワーも大きいです。 お風呂は私達の体を外側からも内側からも温めてくれます。


暖かい浴槽に浸かるとは、 それだけでジワジワと温まり始めます。 またリラックス効果も大きいです。


リラックス効果をエルガー愛であれば副交感神経を活発にさせる必要があるのでぬるめのお湯が必要になります。


どちらにせよ温かい湯船に入ることによって血管が広がり血行が良くなります。 どうして体もより暖かくなります。



そして呼吸法です。 最初は自律神経の乱れからなんとか体調を戻そうとし呼吸を整えるように努力したことがきっかけでしたが、後になり冷えと呼吸には親密な関わりがあるということを知りました。


冷えと呼吸は、 無関係のような感じですが、 呼吸法意識することにより体の内部の圧力が調整されて自律神経のバランスが整うようになるそうです。


その結果血行が良くなり体が温まるということにつながるそうです。 またしっかりと酸素を体内に取り込むことでも、 血流は促進するそうです。


体内の各組織へ酸素がしっかりと届けられるため熱が作りやすくなり、 体が温まるようだそうです。