Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【温活】良いと思って食べていても、知らず知らずに身体を冷やしてしまう食品を摂取しまっている場合がある

Sponsored Links

知らないうちに食べている、毎日の食事が体を冷やしてしまうということもあります。なのでダイエットや健康に良いと思っている食事が実は冷えを招いてしまうということもあるそう。

そのためよく注意をして食べることが必要になってきます。ダイエットをしている人はほとんどの人が食事制限だと言われています。


カロリーを抑えるということです。しかしカロリーというのは体内でどれくらいの熱量を作るかどうかという単位であり、つねにカロリーが高ければ高いほど熱を生み出す量も多く体を温めるということになります。


反対に低カロリーなものばかりとっていると、熱を生み出す量が少ない。そのために端に低カロリーな生活を送っていると痩せにくくなったり、冷え冷え性になったりしてしまうそうです。


では体を温めてくれる食事とは。熱を生み出す力が高い食品を積極的に選ぶことです。パスタなどは加工度が高い食品です。


そのため、消化するためにかなり多くの酵素が必要とされます。 その結果として熱エネルギー代謝に必要となる酵素が不足してしまいます。


このことにより代謝がダウンしてしまい冷え性を招いてしまうそうです。反対に雑穀など加工度が低い食品などは、 比較的身体を冷やさない食品 になります。


味噌汁安くなる温度が高い食べ物も積極的に摂取するのも一つです。 また、カロリー制限なので代謝に必要な栄養素が不足してしまう場合、


これも冷え性につながってしまう原因にもなるそうですので、しっかりと食べて代謝に必要な栄養素を補給していることも大切なのはそうです。



雑穀が体にいいということを知っている人はたくさんいると思います。 現に以前は白米だったけど、

最近では雑穀を混ぜたりする家庭がとても増えています。そしてこの雑穀冷え性を防ぐ効果もあるそうです。


雑穀は雑穀の中でも熱を算産出する高いたんぱく質が多いのだそうです。 あわひえきびなどには鉄分が豊富、 そして鉄は体内で酸素を運んでくれます細胞に栄養素を届ける役割をしてくれています。


そして脂肪内で燃焼を促進して秘書をふさいでくれます。 他にも雑穀にはビタミンB群が豊富に含まれています。 ビタミンB群は代謝を助けてくれます。そして白米の4倍以上もビタミンB1を含んでいるそうです。


雑穀には食物繊維も多く含まれていて超での代謝を活発にしてくれます、 雑穀には 白米に比べると食物繊維はなんと10倍以上もあるそうです


とても温め効果が高い食材なのです。 雑穀は主菜にもおかずにも使えます。 試食であれば白米から雑穀米に帰るだけですし、 食べづらいと言うのであれば白米の中に少し雑穀を入れてだんだん増やしていく方法もあります。


そして雑穀はおかずの材料としてもとても使いやすいです。スープに入れたりハンバーグに混ぜたりお料理の時のアレンジにもとてもあいます。