読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

【快眠】ぐっすり眠れない。途中でいつも目を覚ます・・・。ぐっすり寝るためには日中の過ごし方もとても大切。

Sponsored Links

最近ぐっすり眠ったことがない。 なかなか寝付かれなかったり途中でいつも目を覚ます。 なかなか寝られないので布団の中で運動会毎朝布団を直すのが大変です。 布団に入ってすぐに眠りにつきたい途中で目が覚めたりせず、すっきりした状態でおきたい。

そして毎日忙しい疲れもたくさんあります。 睡眠によってしっかりと疲れを取ることができて、 日中は元気で行動的になる。このように過ごしたい。 ぐっすり 睡眠と行動的な昼の時間両方を手に入れられることこそが、 良質な眠りそれにかかっています。


そもそも十分な睡眠時間ってどれぐらいなのでしょう。 6時間寝れば足りる人もいれば8時間寝ないと日中何だかすっきりしないという人もいます。

f:id:sumomox:20161015121741g:plain

反対に短眠で1日3時間も寝れば十分という睡眠パターンを確立した人だっています。 また年齢を重ねるごとに深く眠れなくなるということもあります。


しかし年齢は関係なく工夫次第で十分な良質な睡眠をとる方法は存在します。 一つは寝る時の周りの環境、寝具なのです。 そしてもう一つはリズム。 最後に3つ目は日中はどのように過ごしているかだそうです。


日中はどのように過ごすか。 これは当然のことのように思いますかぐっすり眠りを求めるならば日中に活動的になることは必須になります。 日中にしっかり活動をして、 ある程度疲労感をためておく。 そうすることによって眠りが深くなるものです。 また寝る前にどんな風に過ごしているかということも重要になってくるそうです。


寝る前にいきなりテレビやパソコン f:id:sumomox:20161005205717g:plain 、部屋の明かりを消すようなことはいけないそうです。 体は突然自分の意志で自分の体をオフにはすることができないそうです。


そのため体がだんだんと眠りのモードに入っていけるように事前の準備も必要になってきます。 このように良質な睡眠をとることは寝るときだけに意識を集中する のではなく、


朝の目覚め日中の活動量寝る前の準備といった、 寝ていない時の、 行動ひとつひとつにもかかってきます。 寝ていない時の行動が良質の眠りを作ると言っても過言ではないかもしれません。


反対に普段の何気ない行動の中にも良質な睡眠を邪魔してしまう行動があるかもしれません。生活習慣や睡眠の環境を変えるだけで今日からすぐにぐっすり眠れるということもありません。


基礎を元に一つずつそして少しずつ自分に合った眠り方を探して近づいていくことが大切です。 ぐっすり快適に眠れるということはそれだけ幸せ感を 味わうことができます。 また健康でも繋がります。


昔から 眠れない時に羊が1匹羊が2匹羊が3匹と数えることがあります。 誰もが知っているおまじない。 余談ですが執事を唱えると自分にとって何の得もないような気がします。 言いづらく すぐ飽きてしまいます。


そして別に羊はなくてもいい歯喘息と思い。 どうせなら自分にとって都合のいいことを考えようと思い。 千円札が1枚千円札が2枚千円札が3枚、 と数えるようにしました。

そうしたら寝られるようになったかわとは別として、 お金に対するイメージングが強くでき、 投資なり、お金に関する知識がとても強くなりました。 いいんだか悪いんだか、、、。

f:id:sumomox:20160918193036g:plain