読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

毎日仕事でヘトヘト体力も気力もいっぱいいっぱい、自分を見つめ機会をつくることが大切。

Sponsored Links

勉強しなくてはいけないのに、したいのに、毎日仕事でヘトヘト・・・。体力も気力もいっぱいいっぱいでやる気がでないし、進まない。それでも思いは強く、部屋に良い言葉を書いて、貼りまくり、モチベーションを上げるようにもしている。

が、進まない。さらにはストレスで、食べることに走ってしまい、心に余裕が全くゼロ。「とにかくやらなきゃ、とにかくやらなきゃ」の焦りと、1日でも早く終わらせたいという気持ちで、なかなか思った通りにことが進まない。


イライラしていると、やっぱり自分にも周りにも良いことはなく、そんな気持ちでいると言葉や行動にすぐでてしまう。そして周囲の人にあたりってしまうことも出てくる。


しかし、やる気がでないのはどうも仕事の忙しさだけではない。今の時代、インターネットも普及し便利に時代になったとはいえ、多すぎるほどの情報が入ってくる。不景気でもあるせいか、ポジティブな情報より、ネガティブな情報のほうが多い。


暗いニュースは、将来に対する不安感を多くの人に与えてしまう。世間的にマイナスオーラがまん延している感じ。その中では同然、明るい気分にはなりにくい。


人のコミュニケーションにおいても、ひと昔とは変わりつつあり、SNS始めとするメールなどに依存的な傾向に進んでいる。これらは、直接の対話ではないので、意思の疎通が上手に伝わらず、誤解やトラブルが怒ってしまう可能性が大きい。


質の低くなってしまうコミュニケーションともいえる。やる気が出ない心に歯止めをかけるには、何よりもまず、自分を見つめ機会をつくることが大切。


普段の生活においてストレスを避けては通れないので、うまく付き合っていく方法を身につけてしまうのが得策。どんより気分から脱出するためには、まず自分のパワーが不足していないかどうか、自分でチェックする習慣をつけてみること。


充実している感情が100だとしたら、今は何%か、最低1日1回、出来れば決まった時間に数回、チェックして記録していく。グラフにするととても分かりやすく、自分のパワーが下がっていると思ったら、そのパワーを補給できる方法を見つけ、補給します。


そうすることにより、パワーが消耗して、電池切れを起こすまえに対処することで、何事も回避することが可能になります。良いパワーの状態であれば、勉強においても、何においても成功する確率も上がってきます。(上がってきました)


また自分のパワーを補給することは、心の弱り度によっても違ってきます。実際、自分が疲労していることに自覚がないこともあります。


そこに気が付かないと、事前に補強することもできず、知らず知らずのうちに下がっていってしまいます。健康管理と一緒で、早め早めを意識していくことが大切です。


毎日笑顔でいられること、進んで勉強に取り掛かれること。これらをプラス。怒りやイライラをマイナスとします。絶好調100に対して現在自分のレベルはどのあたりなのか。これをもとに充電していくのもいいと思います。


悩み事なので心が弱っているのをそのままにしておくと、どんどんひどくなってしまいます。そしてイライラし始め、焦りも出てきてしまいます。


すぐに結果が出ないことに、イライラしてこんなに努力しているのに、気分が落ちたまま。今の状況をしか見えず、周りが全く見えない状況にあるのかもしれません。自分を客観的に見るトレーニングをしてみることで、解決につながることもあります。