読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

豆乳はマズイ?でもダイエットには最適。自分なりにアレンジしておやつや料理にも!!、腹持ちたっぷり、満足感たっぷり。

Sponsored Links

豆乳でダイエットをする人が増えているそうです。特に豆乳は女性です女性らしい体作りに役立つとも言われます。豆乳などの大豆の製品には、女性ホルモンに似た機能を持つ大豆イソフラボンが豊富に含まれています。


そのため女性ホルモンのバランスを整えてくれて、むくみや冷えを予防して、結果的に代謝の良い太りにくい体にしてくれます。また豆乳に含まれる脂肪は牛乳などに含まれる動物性の脂肪とは異なり植物性となります。


そのため体脂肪として体に蓄積しにくいという利点もあります。また豆乳といえばドリンク場ですので、手軽に取れるので継続しやすいという面でもダイエットにとても有効とされています。

f:id:sumomox:20161023125015g:plain

豆乳にはビタミンB群が糖質と脂質の代謝を上げてくれます。豆乳にはビタミンB1ビタミンB2が豊富と言われています。ビタミンB1は糖質を、そしてビタミンB2は脂質を代謝させる酵素の働きをサポートしてくれるとされています。


体に余分な糖質や脂質が体脂肪として蓄積しにくくなります。そして豆乳は植物性脂肪なので、体脂肪になりにくいとされています。


体内で体脂肪落として蓄積しやすい動物性の脂肪とは異なり、豆乳の脂肪は植物性になります。そしてコレステロールを下げる不飽和脂肪酸が多いためです。そのため体脂肪になりにくいという特色があります。


大豆イソフラボンが女性らしいボディラインを作ります。女性ホルモンの中のエストロゲンという成分は適度に丸みのある女性らしいボディラインを作るホルモンでもあります。


豆乳に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きをするとも言われ、綺麗なボディー作りをサポートしてくれます。豆乳の大豆サポニンが脂質の代謝をスムーズにサポートしてくれます。


豆乳にも多く含まれている大豆特有の成分それが大豆サポニン。大豆の渋み、そしてえぐみの成分で、とても強い抗酸化作用があります。脂質の酸化を防止し、代謝を促進してくれる効果が期待されるそうです。

f:id:sumomox:20161017222550g:plain

また豆乳は、夜遅くには飲まない方が良いそうです。というのが、豆乳は牛乳に比べて確かにカロリーは低いのですが、それなりにあるので、夜遅くには飲まない方が良いとのこと。日中に取るのがオススメなのだそうです。


そしておやつの代わりに豆乳を飲むのもひとつ。間食でおやつが欲しくなってしまった時には味付きの豆乳飲料を飲めば 腹持ちも良くしてくれるそうです、


それに豆乳をおやつ代わりにすることでスナック菓子には期待できない栄養素などが呼吸でち、 健康やダイエットにはぴったりとも言えますね。