Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

このエイジングケア、本当に効果に繋がっているのだろうか…。美への道のりは試行錯誤でとても長い

Sponsored Links

自分のエイジングケア、効果がでているのだろうか。一生懸命ケアしてもあまり変わってこないようなきがします。エイジングの悩みは年齢を重ねていく上でほぼ全ての人が直面する壁。



最近では早いひとであれば20代で初めている人もいることを聞いたこともあります。若々しさ、美肌、引力に逆らいながらも誰もがそれぞれの方法で努力をしているはずです。


しかし、エイジングひとつをとっても、正しい方法でケアをしていなかいと、効果自体があまり期待できないこともあるそうです。エイジングでは自己流の人がほとんどだそうです。


知識があまりないままエイジングケアをすると、効果が減るどころか、反対に逆効果になってしまうこともあるそうです。ということは、エイジングを進めてしまっている!?。とうことにもなりますよね。


そのためいつも自分がしているエイジングケアを見直してみること、そしてエイジングケアの前にしっかりと老化の原因や肌の構造などの基礎知識を頭に入れることが大切なのだそうです。


現代は市場には数えきれないほどの美容法、美容製品が存在しています。そして情報を仕入れる環境も整っているので、誰もが多くの情報を手にすることができます。


多くの情報が手に入る時代とはいえ、あまりにも多くの情報は何が合っていて、何が間違っているのかをみおとしてもしまいます。美容情報の中には科学的は根拠がないのも含まれているとも聞いたことがあります。


エイジングケアに本当に有効は方法はどれか、自分にあった方法はどれか、しっかりと見極める力や知識が必要になってきます。そう、肌に関する正しい知識の習得が必須となってくるのです。


またアンジエイジング対策には、スキンケアやサプリなど内側からのケアだけにとどまりません。生活習慣や食事の内容、運動、睡眠といった見直しも大切になります。


それぞれの正しいい知識をもとにケアをしていけば、効果的なエイジングケアができるということになります。いつまでも美しく、若々しくいたいですよね。知識を深めるということは、ある意味エイジングのプロになるということなのかもしれません。そのため化粧品の成分に関してもよく知ることが必要なのだそうです。


ただ漠然と広告文句に乗っていても100%自分の思った通りの結果がでるのかはわかりません。エイジングケアでは肌に優しい化粧品を選んでいくのがポイント。


天然成分は一見良さそうだけど、アレルギーを起こしやすい植物から抽出されたものでてきた製品は、成分がとても複雑なのだそうです。


製品をよく見て、含まれている種類が多ければ多いほど、アレルギーを起こしてしまう可能性も高くなってくるそうです。そのため、含まれている成分は少ないほど、=シンプルなほどお肌のトラブルを起こす可能性が低くなるということにつながるのだそうです。


また、防腐剤としての働きをもって入っている成分だとしても表示しなくてもよい成分もあるそうです。自分の肌質をしり、自分にあったエイジングケア方法を見つけだす。大変なようなけど、自分の「美」のため。なんでも頑張れるような気がします。