読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

肌のケアを怠ってきたせいてお肌ボロボロ、まずは優しいオーガニックコスメから

Sponsored Links

若い頃から肌のケアを怠ってきたせいて、今肌荒れに相当悩んでいる。肌荒れというより、とても敏感肌なのでよい手入れ方法もなかなかみつからなかったからもしれません、言い訳かもしれませんが。

ITの世界はそれこそ日進月歩。そして美容の世界も同じ、最先端の美容方法や等が日々開発されている。次から次へと新しい成分の発見、どんどん高くなる効果、開発されるメインとなるものは、「効果」というものが重きだったような気がしますが、


最近では世の中が健康志向に進んでいるせいかはわかりませんが、オーガニックコスメも効果の高さをアピールできるようなコスメも次々と登場しています。


その中でも最近では、紫外線をによるメラニンの蓄積を抑え、透明感のある肌に導いてくれるような美白コスメが注目されているそうです。


しかし、いざ「美白」に取り組んだとしても、私みたいに肌がぼろぼろだったり基本のベーシックなケアができていないために、刺激が強くなったり、あまり意味がなかったりしそうです。



そのためにもまず、ベーシックケアを徹底することが大切。ベーシックケアはとても大切なもので、ベーシックケアをおろそかにしてしまうと、角質層が乱れる原因になってしまうそうです。


そして、角質層が乱れている場合、お肌の内聞で反射する光、そしてお肌の表面で反射する光が減ってしまうことにより、お肌の明度が軽減してしまうため、どんなに一生懸命に美白ケアをしても、せっかくの効果も半減してしまうそうです。


スキンケアは毎日毎日きちんと行うもの。そうしないとあとあとつらくなります。徹底した毎日のスケンケアを習慣化し、保湿を心かげながら美白ケアをしていくのが良いそうです。


オーガニック系の日焼け止製品に使われている紫外線散乱剤の多くは、紫外線を物理的な仕組みで反射・散乱させることにより肌に紫外線が入るのを防いでくれる成分なのだそうです。



酸化チタンや酸化亜鉛などの白色の無機粉体が主に使用されているそうです。酸化亜鉛は炎症作用があるため、肌のほてりをとるなどの目的でよく日焼けあとの化粧水などに配合されていて、肌には優しいものだそうです。


散乱剤を用いた日焼け止めの場合、肌が白く見えたり、メイクの重く見えたりと、利便性はやや落ちる点があるそうです。しかし、一般的に使用されている吸収材よりは、お肌への負担は少ないそうです。


そのためやはり敏感肌やお肌が弱い人には散乱剤入りのほうのコスメを使ったほうが無難なのだそうです。選ぶときのポイントとしては、表示に「吸収剤無配合」「ノンケミカル」の記載があるので、選ぶ目安のひとつになります。


肌にとっての大敵「紫外線」とはよく言われる通り、美肌をつくっていくためにはこの紫外線対策をしっかりしていくことが大切なのですね。