読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

水の飲み方次第ですらりとした美脚やすっきりお腹も可能に

Sponsored Links

1日に汗や尿などで体内から出てしまう水分はなんとめ1日2 l から2.5 l もあるそうです。そのためその分の水分を補う必要があります。

出て行ってしまった水分の中およそ1リットルは食事で補うことができるそうです。


なので別途水分として 補わないといけない水分の量は、


運動したときなど大量に汗をかいた時を除いて、だいたい1リットルから1.5リットルぐらいを目指すのがベスト。

f:id:sumomox:20160112230423g:plain

しかし注意点として、水分の代謝能力は個人差があるので無理に飲むことは避けることが大切。


自分の体質に合わせて飲んで行くのが一番です。 一度につき大量に水分を補給することはすぐに排出されてしまうので、



こまめにコップ一杯ずつに分けて飲んでいくのがポイントです。


また水分補給のための水は、糖分やカフェインが含まれていない純粋な水で 摂取 することが基本となります。


コーヒーや紅茶、緑茶などはカフェインが含まれているため、利尿作用があり、水分の排出を促進してしまいます。


そのため水分補給として摂取する ものとしては あまり適していません。


またジュースなども糖分が多く含まれているためダイエットを意識している人にとっては当然控えた方がベスト。


また水分補給の時の水の温度は、季節やその時の自分の体調に合わせて、調整するのがポイント。


自分の体温より冷たい温度の水を摂取すると、本能が体を温めようと働きます。


そのため代謝がアップする効果が期待できるそうです。 そのため冷たい水は運動をする時などには良いそうです。


反対に朝晩などは体を冷やさないようにするのが大切なので常温の水で摂取するのが良いそうです。


水を摂取する時間帯や季節、自分の体調を気にしながら、水分補給をしていくのが大切です。 そして水にも種類があります。


水選びは 自分の目的や好みに合わせて選んでいくことがポイントです。


例えば運動をした時など汗で多くのミネラルが失われます。そういう時はミネラルが豊富な 硬水 がおすすめです。


そして疲労感を感じるような時は、血行促進や疲労回復に効果が期待されると言われている炭酸水


ダイエット意識が強く新陳代謝を上げることを期待したいのであれば体に酸素をいきわたらせる酸素水。 などです。



水分補給で1リットルから1.5リットルとう 量は は飲み慣れてない人にとっては最初はとても大変です。


そのため飲み慣れてない人は、最初のうちは、 レモン汁を入れたり、ノンカフェインのハーブティーにしたり、色々とアレンジして飲みやすくするのも一つです。