読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

野菜を食べてるのになぜ、やせない、肌がきれいにならない。そう、たんぱく質!! 肉だ、肉、肉、赤身のお肉!!

Sponsored Links

野菜をたくさん食べている人は肌が綺麗だとよく聞きます。 しかしその綺麗を目指すにはとてもたくさんの量が必要だと思うのです。 野菜中心の食事にしたとしてもボールいっぱいの野菜なんてなかなか取れるものでもありません。

それでもダイエットを兼ねて 野菜ばっかり取っていたら、反対にに肌がボロボロになりました。 さらには乾燥してカサカサに。 体重は少し減ったけど思うようには減らない。 それで肌がボロボロだからマイナスな点ばっかり。 f:id:sumomox:20161010205220g:plain


炭水化物が大好き。それを我慢して野菜をたくさん食べたのになぜ肌がボロボロ。 美肌、美肌で調べまくっていたら。やっぱり肉だということに気づきました。 タンパク質。 どうも私の方法はダイエットをしたい人がよくやっているそう。



野菜だけでは脂肪を燃やすことができないので熱を生む食材も一緒に取らないといけない。 ダイエットをしようと思って野菜ばっかり食べても脂肪を燃やすことができないので結局は痩せることができない。


確かに生野菜は代謝に欠かせないビタミンやミネラルが豊富。 しかしその生野菜の中でも夏野菜のレタスやキュウリなどは体を冷やす野菜で、そういった野菜ばかり取ると反対に燃焼しにくい体に なってしまうそうです。f:id:sumomox:20160919153931g:plain


そしてお肉などのタンパク質は、食べたときに使われるエネルギーが高く、代謝を高めてくれる食材だそうなので、 積極的に取った方が良い食材だとか。 よしお肉だ思ったのはいいが、お肉はお肉でも、 赤身が特に良いそうです。


同じお肉でも強い味方となるのが牛肉や羊肉、豚肉の赤身なのだそうです。 なぜかと言うと赤身のお肉には良質のたんぱく質が多く含まれているからだそうです。



加えて、Lカルニチンと言う体脂肪の燃焼を促進してくれる成分を豊富に含まれているそうです。 でも毎日お肉の赤身ばっかりはつらい、、、f:id:sumomox:20160917210338g:plain。 しかし、一度に手のひらサイズの赤身肉を、週に三回ぐらいとれば、十分な効果が期待できる 量になるのだそうです。


これなら続けられそう。 食べるの我慢するよりストレスもたまらず、よっぽどいいですね。 食べることを我慢して痩せるには限界がある。 しかしお肉は太るというイメージかあったけれどちょっと違うんですね。


お肉自体は消化と吸収に時間がかかる、 お肉を食べると体の中で沢山のエネルギーが消化される。 ということはお肉は野菜よりはむしろカロリーは高いけれどその分、 代謝に使われることが多い ということですね。


肉だ、肉、肉、赤身のお肉。f:id:sumomox:20161124182428g:plain