読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

魅力的なボディラインと筋力アップ。効率よく筋肉を作るため、朝食は安易に抜かず、必ず摂る

Sponsored Links

筋力をつけて魅力的なラインのボディを手に入れる。しかし手に入れるためには筋トレだけをやっていても意味がない。より効果的に筋力をつけるためには、筋肉の材料となる摂取する食事の内容。



筋肉がつくられる過程でとても大切なのが筋肉の主な原料となるタンパク質。1食ではこのたんぱく質なかなかとり切れないので、毎食ごとに取り入れるよう工夫をすることが大切。


筋肉がつくられる過程では、ビタミンやミネラルが代謝を手助けしてくれています。これらビタミンやミネラルなどの栄養素をしっかりとるにはやはり3食しっかりと食べるのが基本の基本。


とりわけ朝食は特に大事。朝食は1日のエネルギー源となるため、毎日しっかりとるようにしたいもの。その時できるだけ「1汁2菜」を基本に摂取することを心掛けるとバランスが整いやすくもなります。



その前に朝起きたらミネラルウォーターはコップ一杯まず飲むことが大切です。睡眠中 f:id:sumomox:20161105185442g:plain は多くの汗が出ています。水分補給もできません。 一晩で約コップ一杯ぐらいは水分が体から失われるため、


朝起きたら、かる脱水症状になっていることを頭にいれておきましょう。身体に負担をかけないようにミネラルウォータ f:id:sumomox:20161118182717g:plain で水分を補給して、活動のスイッチを入れるるようにしましょう。


私の場合は昼食はかっつり食べます。そして夜は少なめにを心掛けています。しかし昼食をしっかり食べても夕方にはお腹がすぐに減ってしまっています。


夕方からのエネルギー源として15時ぐらいにはおやつを食べるようししています。おやつといってもおかしではなく、あくまでも活動のエネルギー源として。


よく糖質で消化が良いものバナナなどがいいといわれていますが、私は会社でバナナ f:id:sumomox:20161120193619g:plain は恥ずかしくて食べられないので、シリアルバーをよく食べます。シリアルバーなどは糖質が多すぎず、食物繊維などの栄養素も摂取できるのでおすすめです。


運動すると決めている日 f:id:sumomox:20161120185227g:plain 。その日はとくに糖質やタンパク質をとるタイミングも大切になってきます。どういうことかと言いますと、運動をすることによって、筋肉中のグリコーゲンという糖質が減ります。


筋肉を減らさないためにも、食後の糖質はとりましょう。さらに運動後はすぐ壊れた筋肉の収縮が始まります。運動後の食後できちんとタンパク質を補給するように心がけることも大切です。



また、運動中、運動後は、汗とともにミネラルが出ていってしまいます。そのため、水分の補給であれば、簡単にミネラルが補給できるスポーツドリンクがおすすめです。


運動後は筋肉内のグリコーゲンが減るため、そのまま放っておくと、筋肉が減少してしまうことにつながります。運動後の食事では、グリコーゲンの材料となる糖質の補給、そしてクエン酸が豊富なドリンクをのむと疲労回復を促してくれます。