Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

水パワー侮るなかれ、水パワーでキレイ痩せ、 水選びは量と質の両方が大切

Sponsored Links

水分というのは私たち体にとって大変重要なもので欠かせないものです。水がなければ私たちは生きてはいけません。 食事も同じです。食べ物から栄養をとらないと生きてはいけません。



食事で食べ物を摂取し、栄養を吸収、しそして老廃物をだす。このサイクルを繰り返しています。 体に取り込んだ栄養素は水に溶けて私たちの体のいたるところに届けられ、体内にある老廃物も水によって促進され浄化されていくのです。


要するに、水は代謝にとって欠かせない大切な事なのです。今年も猛暑でしたよね、私たちのからだは自然に夏の暑い時には体は発汗して体温を下げるようにし、 そして冬の寒い時期でも対応一定に保てるようにしているのも、実は水の力が関係しているのです。


水は私たちの生命維持に深く関係しています。そんな大切な水それならば、体が水分不足にならないように、常に意識してしっかりと補給していきたいものです。しかし、いくら水が体に良いといっても、闇雲に多く水を飲めばいいわけではありません。

f:id:sumomox:20161118182717g:plain

水分をたくさんとって余計にとりすぎると細胞がパンパンになってしまい、むくみの原因にもなってしまいます。水分補給の適量は食事で摂る水分と合わせて一日に約1リットルから2.5リットルぐらいがいいと言われています。


日常生活において、汗や尿などで体から外に出て行く水分をその分毎日補ってあげることが大切です。季節にもよりますが、汗や尿で1日に約2.5リットルもの水分が体から出て行ってしまうそうです。イメージするとはすごい量ですよね。


それでも少なくてもこれだけの量の水分を補ってあげないと、私たちの体はすぐに水分不足となってしまいます。普段の食事からとれる水分は約1日1リットル。


排出される水分量から差し引くと1.5リットル。ということは1日1.5リットルをの水を飲んでいくことがポイントとなってきます。では、どのような水を飲んでいくか・・・。

f:id:sumomox:20161109202514g:plain

世の中には、というより世界中には数え切れないほどの種類の水が存在しています。普通考えそうなことは、お水を飲むのであればミネラルウォーターの方が美味しそうだし、健康にも良さそうと・・・。


頭の中で思ったことだけのイメージでお水を選びがちです。しかしそのお水の成分までチェックをして飲んでる人は結構少ないと思います。


ミネラルウォーターひとつをとっても中に含まれるミネラルの成分や量はさまさまです。ミネラルウォーターを選ぶときはどんな成分が含まれているのかしっかり判断して理解して選ぶことが大切になります。