読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

乾燥で顔がヒリヒリ、クレンジングしてても痛いの痛いのって!?クレンジング見直してみました

Sponsored Links

クレンジングと界面活性剤・・・。今までメイクや毛穴の奥の奥の方の汚れまでしっかり落としてくれそうで、そうしたイメージだけで、クレンジングオイルを使っていましたが、

ここ最近、肌がボロボロで肌質改善のためにいろいろ勉強していたら、クレンジングオイルは(私はですが)やめたほうがいいかもということに気づきました。私はそもそも敏感肌。そして乾燥肌。ちょっとした刺激でも顔が赤くなってしまいます。


そもそもクレンジングオイルには多かれ少なかれ界面活性剤が使用されている。この界面活性剤がお肌に刺激を与えてしまうということ。でもメイクの成分は油分、水や石鹸では落ちません。


だからどうしてもクレンジング剤は必要となってきます。では同じクレンジング剤でも極力刺激がすくないものをと思い、クリームタイプやジェルを選んでみたけれど、これで問題が終わりなわけではありませんでした。


どんなに刺激が少ないクレンジング剤をつかっても、どんなに良質なクレンジング剤を使っても、使用する際の「こすること」がとても肌に刺激を与えてしまうのだそうです。


クレンジング剤を使用するときに肌をこする・・・・「おもいっきりこすってました、私」。ということはダブルで自分の肌を傷める原因を作ってしまっていたということになります。


そこの部分を気を付けながら、なるべく指の摩擦が肌に伝わらないようなタイプのクレンジング剤を選ぶことが大切なのです。ということは、それなりにメイクの汚れを落とすことができ、そして刺激が比較的少ないもの・・・。


となればやはりクリームタイプのクレンジング剤ということになります。しかし、クレンジング剤のタイプはあくまでも参考や目安にして一番大切なのは実際に自分の肌に合っているかどうか試すことですね、


しかしたまに合わかった場合で、「せっかく買ってしまったから」とそのまま使ってしま人もたくさんいるようです。肌に合わないものは自分の肌に気づかずダメージを与えてしまいます。


捨てるのがもったいなかったら家族などに譲るなど、やはり自分にあったクレンジング剤を探すのがベストです。ちなみに一般的に刺激が弱いとされているクレンジングから並べてみると、


クリームタイプ、ミルクタイプ、乳化ジェルタイプ、透明ジェルタイプ、リキッドタイプ、オイルタイプ、ふき取りタイプの順になるそうです。ふき取りタイプが刺激強いほうにはります、ふき取りタイプっていったらもう思いっきり肌摩擦ですからね、やっぱりクリームタイムがベターなのかもしれません。