Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

シミ・シワ・・・。鏡を見るのが嫌になったので、鏡を隠そうとしたけれど、やっぱり自分の方を変えることにした。

Sponsored Links

年齢を重ねるうちに鏡を見るのがとても嫌になってきました。同年代の人はどう思っていいるのでしょう。平気な顔をしていますが、本当のところは私と同じ気持ちでいるのでしょうか。


絶対に私はあきらめたくありません。そのため、美肌になるべく徹底的に分野ごとに調べて実践してくことにしました。目指すべきは健康的は素肌、もちろんシミ・シワなし!!。そして最初に考えるべきと思ったのが、洗顔やクレンジング。


ます、クレンジングに関して。なぜ一番にクレンジングをあげたかといいますと、クレンジングはお肌に一番負担をかけるもの。だから、クレンジングに関しては徹底的に分析して、お肌への刺激を最小限に食い止めることが必要と判断しました。


クレンジングというとやはり「メイクを落とすもの」というイメージが先行してきます。確かに、メイクはしっかり落とした方がいいもの。しかし、クレンジング製品はどれもそれないに刺激のあるものが多く、肌に負担がかかってしまう場合が多いです。


どんなにメイクがしっかりおちるクレンジング剤だとしても、そのクレンジング剤がとても刺激が強いものだとしたら、メイクを落とすこと以前に、大切はお肌がダメージを受けてしまいます。


そもそもクレンジングは界面活性剤で油性の汚れを落とすもの。イコールクレンジングはファンデションや口紅、などメイクを落とすためのものなのです。


メイクは油性なもの。通常、水や洗顔料ではメイクはしっかりと落としきれないため、メイクをしっかり落とすためは、油分を乳化して落としやすくしてあげる必要があります。


この乳化化をさせるのが「界面活性剤」です、クレンジング剤に含まれいる。界面活性剤は少なからずも刺激を与えるものなので、お肌のことを一番に考えるのであれば、メイクをしなければクレンジングもすることもないので、一番なのですが、もちろん社会生活においてそれはとても難しい問題です。


また、ファンデーションといっても、粉おしろいなどのパウダーを使用している場合は、これは油分でないので、クレンジング剤を使用する必要はないそうです。


しかし私たちはその「油分」の方のコスメを使う頻度の方が高いので、クレンジング剤に界面活性剤が使用されているのであれば、同じクレンジング剤でも、刺激の少ないもので自分の肌にあったクレンジング剤を選ぶ必要があります。


比較的刺激が優しいクレンニング剤はクリームタイプやミルクタイプ、そして反対に刺激が強めになるのがオイルタイプやふき取りタイプのクレンジングだそうです。とにかく常に新しいものに敏感になり、自分の肌を傷めないクレンジング剤を探して使用するのが課題となります。

【ドクターY クリアクレンジング 210g】(メイク落とし) クリームタイプ/乾燥肌・敏感肌の方にも皮膚科医吉木伸子先生開発/ドクターヨシキスキンケア