Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

私はブスだから…の思い込み。どうやってなおす!? 方法はあるの!?

Sponsored Links

きれいになりたい、美人になりたい、そう 思ってもなかなかうまくいかない。テレビや 雑誌で見る美魔女たちは、もうほとんど芸能 界に足を突っ込んでいる感じもする。自分に自信が相当あるのだと思う。

 今自分に自信がない人だって、誰だって美人になれます。そういった人を何人も見てきました。分かりやすくいうと客室乗務員(CA)。客室乗務員(CA)はみんな美人な人ばかり採用される。というイメージを持たれているかたも多いかもしれませんが、


実際はそうではありません。もちろん元から美人な人がいるのはたくさんいます。接客業という職場である以上印象が良い人がやはり選ばれますので、それを考えますと入社当時はあまり美人でない人の方が多いようです。


では、なぜみんな美人になっていくのか、それは「自信」です。狭い飛行機の中、乗客が観るものと言ったら窓の外、映画などですが、もう一点、客室乗務員(CA)です。客室乗務員(CA)は狭い通路を行ったり来たり、とても目立ちます。


客室乗務員(CA)はいつも見られていることを意識して業務をこなしていきます。これらが心理的に働き仕事をこなしていくうちに自信もついてきますし、「いつも見られている」という意識がある以上、身なりも完璧になっていきます。


こうして徐々に女性としての魅力が完成していき、客室乗務員(CA)の方たちは皆キレイになっていくという話。私はそれを知り合いの客室乗務員(CA)の方に聞きました。


例で客室乗務員(CA)を上げたので、客室乗務員(CA)と一般人は違うと思う方もいるかもしれません。でも決して違うとは思いません。


どんな職業でも常に美を意識して、「自分はみられている」と意識していると、服装もしっかりしてきますし、内面も強くなっていきます。私なんかは背が高いのでいつも猫背ぎみになってしまうのですが、背筋を伸ばすだけで「カッコいい」と言われたこともあります。


自分に自信がついてくると、心に余裕もできたいりするせいか、笑顔もたくさん出てきます。これってとてもうれしいことだとおもいませんか?「わたしはどうせ」なんて思っているより、ぜんぜんいい、人生ハッピーにもつながります。


笑顔だってただの笑顔ではありません。目指すは皇室のような上品な笑顔です。こんな女性になると、男性からも声がかかるようになります。私の場合は今までシカトされていたような人にもいきなり挨拶されて驚いたことがあります。


やっぱり男性は見かけか・・・ f:id:sumomox:20161015145202g:plain



とブチ切れたい気持ちを抑えながら、パッパッと振り切る。必要なのはどんな人でも対等に接してくれるような男性。女性友達も同じです。そういった優しい、前向きな人たちとの付き合いは本当に自分自身とても勉強になります。