Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

腸内環境と美肌がとても密接な関係であることを身をもって体験した。英語の名言“Want to learn to ear a lot? ・・・”

Sponsored Links

Want to learn to ear a lot? here it is; Eat a little.
That way, you will be around long enough to eat a lot.
Anthony Robbins

 

 

たくさん食べる方法を知りたいかい?答えは、小食にすること。
そうすれば長生きできるから、たくさん食べられる。
アンソニー・ロビンズ

 

やはり、暴飲暴食は良いことない。って感じですね。小食というより以前体調を崩してまったく食べれない時期がありました。拒食症というか、ほぼ食べられない状態。健康に悪いですよね、こんな状態。しかし、その時驚いたのが肌がキレイになったこと。食事を摂らなければ十分な栄養も摂取できないので、お肌はボロボロのカサカサになると思いきや正反対。美肌になった・・・。


考えられることは、ここ最近胃にほとんどものが入ってこないということ。胃が休んだ分腸が活発に動き出し、そして腸に溜まっていたものが老廃物ごと全て排出される。腸の中もスッキリキレイになった状態。なので断食やファスティング、プチ断食などが健康や美容によいと聞いたことがありますが、まさしくこういう状態で起こるものなのかもしれないと感じました。


しかし私の場合はとても危険。人間、食べていかなければ死んでしまいます。美肌でいたいけれど食べ物はきちんと摂取しないといけない。ということは、腸内環境を良くすれば同じこと。ということに気づきました。なるべく腸内環境をよくするような食事をするようにする。これだけでだいぶ肌が変わってきます。


そしてやっぱり炭水化物は避ける。といいたいところですが、炭水化物もまったく摂取しないよりはある程度摂りすぎないくらい摂取したほうがいい。炭水化物が大好きなので、朝昼晩全て炭水化物で構わない!!と思ってしまうほど、炭水化物が好きですが、これはすこしセーブしなければならない。


その変わり、お肉などはたくさん食べる。よく太ってしまうのでお肉を食べないようにしている人もたまに見かけます。反対に「私、肉食女子なの!」という人も周りにいます。お肉大好きな人はなんとなく肌がキレイでキメこまやかな気がします。お肉=太るというイメージを持っている人もまだ多いそうですが、


そもそもお肉は美肌にとっても良い成分が含まれているといわれます。豚肉はビタミンB群、最近広く認知されてきましたよね、そして牛肉は鉄分、鶏肉にはコラーゲンとビタミンAなどどれをとってもお肌によい成分が含まれています。腸内環境をよくすること、美容に良い成分を積極的にとること、これらを続けることできっと美肌に生まれ変わります、きっと。