読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

青パパイヤ酵素を飲んだら、連日の食べ過ぎ・飲みすぎでも体重が増えなかった。パチパチ

Sponsored Links

食べ過ぎ・飲み過ぎになってしまう季節、12月。これに加えて私の場合、飲み会が増えてしまうのが毎年3月、4月と9月、11月。なぜかというと人事異動。送別会や歓迎会で出動機会がやたらに増える。


たまに一緒にまとめて出来るときはまとめてほしいと思う切実な願い f:id:sumomox:20161012221931g:plain もあまり叶わず悲しい気持ち。プラス通常業務のほかに、寄せ書きつくりや花束用意。新しく配属されてくる人の受け入れ準備などで忙しくなり、これまたストレスもたまりまくる。


年齢を重ねると消化もしにくくなるせいか後々にとても引きずる。そしてストレスに弱い私は便通にもかなり影響が出てくる。同時にお肌もボロボロになってくる。これが重なっていくと自律神経が乱れるせいか、体調がかなり悪くなってくる。


テレビショッピング f:id:sumomox:20160120211956g:plain を結構観ている母から「酵素」がいいと勧められた。そういえばアンチエイジング外来の先生も「酵素は大事、それも活きている酵素」と教えてもらったことがあったのを思い出した。


日本で加工されている製品はやはり色々基準があって熱処理が必要となる。熱に弱いとされる酵素はこの過程でなくなってしまっている方がほとんど。日本の古い頃からの知恵で発酵食品は健康に活かされてきた。


日本で言えば漬物や味噌、しょうゆ、みりんなど。欧米などでは有名どころで、チーズやヨーグルト。世界中で様々な発酵食品が摂取され続けている。しかし、今の時代必要な酵素の量を摂取するのはなかなか大変。特に私漬物嫌い f:id:sumomox:20160102132621g:plain。毎日味噌汁飲まない、塩分が気になる。


しかし、発酵食品に含まれている「乳酸菌」は、一般的に免疫力の向上や腸内環境のバランスを整える。それからダイエットや美肌にも効果が期待されてるを言われている。そのため、その期待される効果を考えると、なんとか摂取してきたいものと考えだし始める。


そこで探し始めたのが「活きている酵素」の加工品(サプリメント)。例えばサプリメントならズボラな私 f:id:sumomox:20161010205008g:plain が毎日続けられる。そして行き着いたのが「青パパイヤ」の酵素。前述済みですが、酵素は熱に弱い、


多くの酵素はおよそ48度ぐらいから壊れ始めてしまい、70度ではほぼ活きている状態ではなくなってしまうのだそう。そんな中、青パパイヤの酵素は100度でも壊れない頑丈な酵素を持っていることをを知った f:id:sumomox:20160917205823g:plain


ということで活きた青パパイヤの酵素サプリ、 【バイオノーマライザー】 にたどり着いた。このサプリメント特に忙しい時期には大活躍してくれる。食べ過ぎ・飲みすぎが続いていたのに体重が増えていなかったのがちょっとした驚き。

 

いろいろ考えたけど、この青パパイヤサプリしか思い当たらなかったので、きっとパパイヤ酵素の活躍なのでしょう。

40年愛され続ける青パパイヤ発酵食品サプリ【バイオノーマライザー】