読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

ネットで起業、店舗を構えて起業、資格とって起業。様々な種類があるけれど、収益を出すための戦略、考えていますか?

Sponsored Links

「ネット副業を利用したい」「ネットで起業をしたい」。10代、20代において、その半数がインターネット上での収益を得る方法を希望しているそうです。生まれたときには既にネット環境が整っていたため、そのような希望を持つのは無理ないかもしれません。


現にネットを駆使できている人が多いのも事実で成功する確率もほかの人よりは高いかもしれません。しかし、どの世界でも成功できるのは全体の数%、どの分野で起業、副業を行うとしても、それなりに収益を得たいのであれば、その分努力も必要となります。


努力した分と収入が基本的に比例してくるのです。起業や独立に関しては様々な職種や分野があります。飲食店など店舗を構えて起業をする、資格をとって起業をする。どの道、開業するということは、顧客を確保することが前提となります。


顧客が確保できなければ当然利益は上げられることなく、コストばかりかかってしまうのが現実です。資格をとって開業すれば他の人より有利。という考えもまた違います。資格をとったとしても宝の持ち腐れのように、何も利用できないで終わる人は沢山います。

資格をとったからと言って、開業しても自然に顧客がその日からたくさん来るということもありません。時代は刻々と変わってきています。ひと昔前であれば、行政書士や社労士他、相応の資格であればある程度開業すればすぐお金に結びつくといった話はありました。


しかしそれはその時代のことで、今同じように、開業して座っていてもお客様は向こうからはやってきません。利益を出すためにはやはりアクションを起こさないといけない時代になっているのです。


資格をとって起業する、飲食店など店舗を構えて起業する、ネットで起業する。どれをとってもその分野においてのマーケティング戦略が必要になります。よって自分が起業する専門知識を勉強するだけでなく、すべての人がマーケティングの勉強が必須となります。

ネットでも投資でも大成功をして取り上げられる人がよくいます。しかし、そこから先を考えているか、いないかで将来が大きく変わってきます。アイディアで突然成功した人は素晴らしいアイディア能力を持っているかもしれません。


しかし、そのアイディアがこの先半永久的に通用するとも限らないのです。時代が変わると世の中の需要も変わってきます。この方法で成功したのだから、次も同じ方法で成功する。ということはあり得ないのです。

 


いったん成功してから次に新しいものを見つけていく人と、過去成功した方法がなぜ通用しないのかをいつまでも考えそこから動けないで止まったままになってしまう。ここの部分がどの分野で成功したにせよ、将来も成功し続けるかにかかってきます。