読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stand a Chance!

ころころ変わる、わたしの頭の中

起業するのに目標は超高いのに、実際の行動がまったく伴わないでひたすら悩む人。

Sponsored Links

起業したら年収1000万円から2000万円。または年商1億円は稼ぎたい。起業や独立する人は様々な目標を持っています。人それぞれですからそれは構わないことで、努力と戦略次第で達成できる人はいくらでもいると思います。


また実際のところで目標と自分の覚悟の差が大きい人もたくさんいます。目標は高いけれども、実際の行動がその目標に対して追いついていけない。すると当然のこと利益も予想通りでなく悩みに悩んでしまうことも多々あります。


夢が大きいのは良いけれど、希望の年収や年商にさせるまでの戦略がまるで勉強できていない。起業すればこれだけもうかるという噂だけで初めてしまう人も少なくありません。起業するということは、自己責任であるというのに浅はかな考えで起業してしまう人。

成功している人はこの部分に余念はありません。起業をビジネスと捉え、目標を達成させるために必要な情報、マーケティング戦略、専門知識の習得、営業センス。学べるものは全て学びます。起業の規模にもよりますが、ひとりで事業を始めた場合、年収1000万円から2000万円を達成させるには、起業1、2年で上げるのは無理があります。


仮にきちんとマーケティング等、必要な知識の習得ができたとして、ある程度の収入は見込めますが、身体だけが忙しくなり、1日何十時間も働かないと追いつかないという可能性もでてきてしまいます。


そんなに働いても現実の年収は会社員と変わらない・・・。こんな苦しい思いをするのであれば、会社員の方が楽ではないか。と思ってしまうこともあるかもしれません。今は会社員だって普通に副業が持てる時代です。起業する前に数年はきちんと勉強し、実践し、実際利益が上がることを確信した上で起業し始めるのもひとつです。

起業1年目から年収が1000万円以上を確保できる人はこういった事前の準備などを徹底的にしている人が多いです。しかしそれでも実際はがんばっても月収4~50万という人が多いとも聞かれます。


起業1年目で年収1000万円超えは事前準備もありますが、ネットワークもその分広いのも事実です。コネなし1からひとりで起業。と言った人が多い中、やはり成功させるための王道はマーケティング戦略などの基礎知識も必要ですが、商売を始めるということは対「人」になります。


ひとつずつ仕事を丁寧にこなし、信頼を得てそこから紹介が入り、徐々に仕事量が増えてくる。やはり地道に前向きに仕事をこなしている人の方が結果はでます。そして数年後には、もちろん年収も上がっています。最初はまだまだ小さい成功ですが、その小さい成功の積み重ねにより、大きな成功が待っているのです。